yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

桧塚奥峰の朝

2013_0216_2_1_6.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 12mm F8 20秒 ISO800 SLIK S.P.Ⅱ3way

夜明けの桧塚シアター…


朝4時00分。目覚ましに頼るでもなく極自然に目が覚め、すっきりとした朝を迎えました。昨晩は19時にシュラフに入ってからの記憶があまりなく、アンニョンさん曰く、すぐにいびきをかいていたとのことでした。。。寝不足が続いた中で強行したので体もお疲れだったのかな。

夜中に一度だけ目が覚めましたが、寒さが原因ではなく、なんとなく目が覚めただけで、すぐにまた眠りにつきました。朝4時過ぎのテント内の気温は-10℃。5時頃に外気温を確認した時は-15℃でした。寒気が入ったのか、この日の朝は結構冷え込みました。

朝起きた時点では風はほとんどなく、夜中に入り込んだ粉雪も極微量なものでした。その微量の粉雪をはたき、まずはいつものようにスープで温まります。今回テントを張ったこの場所ですが、山頂との距離は20mほどと近く、風もそれほど届かなかったので、桧塚奥峰ではたぶんココが最適だと思います。

4時50分。スープを飲んだ後、カメラと三脚を持ってテントを出ます。

アンニョンさんがテントのランタンを点けたまま撮影に出られたので、テントの赤が木々に写り、機○戦○ガ○ダ○のシ○ア専用水陸両用モ○ルス○ツのような、なんともエネルギッシュでユニークな一枚に。
2013_0216_2_1_1.jpg

星撮影でも木々が赤くなります。早めに諦めて山頂の方へ向かいます。
2013_0216_2_1_2.jpg

5時25分。この時期としてはギリギリ星が写る時間帯です。空は雲ひとつなく、360°見渡す限りに星が浮かんでいます。天の川も肉眼で確認出来ました。アンニョンさんみたいにもっと早くこっちに来ればよかった。。。
2013_0216_2_1_3.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 12mm F3.5 60秒 ISO3200 SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_21.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 12mm F3.5 50秒 ISO3200 SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_20.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 12mm F8 20秒 ISO800 SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_7.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 12mm F7.1 20秒 ISO800 SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_8.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 18mm F10 0.8秒 ISO200 SLIK S.P.Ⅱ3way

明ける前の台高山脈と大峰山脈。白に染まった山々が連なる景色は圧巻で、特に大普賢岳は3D映像のように今にも浮き出てきそうな立体感。とても見応えのある景色でした。
2013_0216_2_1_9.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 50mm F9 0.3秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

6時35分、桧塚奥峰から見る日の出です。
2013_0216_2_1_10.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F11 1/25秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_11.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 38mm F11 1/20秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_12.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F11 1/20秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

ヒキウス平
2013_0216_2_1_13.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 34mm F11 1/40秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_14.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 54mm F11 1/100秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_16.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 25mm F11 1/50秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

2013_0216_2_1_17.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 50mm F4 1/640秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

アンニョンさんも大興奮w
2013_0216_2_1_18.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F11 1/60秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

6時55分、テントへ戻り朝食にします。足先がだいぶ冷えてしまいました。
2013_0216_2_1_19.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F11 1/60秒 ISO200
SLIK S.P.Ⅱ3way

桧塚奥峰で見た「一日の始まり」は、今まで味わった中でもトップレベルの光景でした。それは、北横岳でのあの感動をも超えるものでした。よく歩く山域ということで思い入れがあったのもありますが、大峰山脈、台高山脈、近くに池小屋山や迷岳、俱留尊山や住塚山などの曽爾村の山々など、奈良県や三重県を代表する白い山々と共に朝を迎える。そんな贅沢極まりない空間に我が身を置けたことに、素直に感動しました。

秋の桧塚奥峰もかなり気に入りましたが、この雪の季節にこの場所で静かに朝を迎えるのも、またいいものだと思いました。



つづく


~おまけ~
今回の早朝撮影ですが、日の出前までは全てローアングルで撮影しました。カメラ本などによくある「視線を変えたら写真が変わる!」的なことを実践したと言ったら恰好も付くのでしょう。が、実際は脚が凍って伸びなかったので、仕方なくローアングルになっただけでございます。。。(-_-;)


撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5USM
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM
関連記事
スポンサーサイト

| 台高山系・曽爾周辺 | 22:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

実に素晴らしいですね。
山と写真にかける情熱が伝わってくる圧巻の光景の数々です。

これは僕もカメラ機材を充実させるよりも、テント泊の装備を揃えた方が?…
と思わせられるような羨ましさです。

樹氷を染めるテントの赤も、朝日の赤も、満天の星空も、
これまでで最高の台高の風景を見せてもらった気がします。

| ke-n | 2013/02/28 08:16 | URL |

おはようございます。
お二人の行動力に脱帽です。
テントに結露はつかないのですか?。
甲乙つけがたい写真の数々・・・。。

| 段平 | 2013/02/28 08:53 | URL |

綺麗ですね

今、自宅PCのワイドモニタでCOOPERさんと私の写真を左右に並べて見比べたところです。
青、白、赤・・・、どの写真も色鮮やかさが素晴らしく綺麗ですね。
感動の写真ですね。
北横岳は強風で寒すぎましたが、桧塚奥峰は風が無い分助かりましたね。
早朝の2時間ほどはすごくドラマチックでした。
COOPERさんのお陰で、雪山のテン泊ならではの楽しみ方を味わうことができました。
星空から水平線が赤く染まりだし、どんどん明るくなって行く感じが何とも言えないですね。
時間に追われて寒さを忘れていました。
そんな時間勝負の最中に、自分はピント合わせもままならず、ノイズリダクションを切る設定も分からず、ただただ焦って撮りまくっただけでした。
次回はもっと落ち着いて感動シーンを撮りますよ。

| annyon・アンニョン | 2013/02/28 21:16 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

山と写真にかける情熱…それほど大層なものではありませんが、
とにかく素晴らしい景色でした。

テント泊装備、ぜひ入手してください!
その場に居られるということが写真では最も重要なことですよね。
入手された折には必ずご一緒させて頂きますw

最高の台高の風景、最上級の褒め言葉をありがとうございます。
だいたいイメージ通りの景色でしたが、実際見ると感動しました。
僕もなかなかレアな写真が撮れたと思っていますw

| COOPER | 2013/02/28 23:14 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

いえいえ、段平さんの本来の行動力にはまだまだ及びませんw

テントの結露はかなり付きますね。
この気温なので、パリパリに固まります。
撤収の時は、なるべくほとんど剥がすようにしていますが、完全には無理ですね。

写真、ありがとうございます。大変励みになりますw

今年は段平さんともぜひご一緒したく思っていますが、
メールフォームがないようですので連絡が出来ずじまいでした。
もし差し支えなければ連絡先を僕のメールフォームに送って頂けませんでしょうか?

| COOPER | 2013/02/28 23:22 | URL |

Re: 綺麗ですね

アンニョンさん、こんばんは。

ワイドモニターで見比べましたか、相変わらず研究熱心ですねw
色鮮やかなのはCanon製の性質だと思います、どうもありがとうございます。

桧塚奥峰は、手前の開けたところは凄い風でしたが、山頂付近はましでしたね。
このドラマチックな時間帯での撮影を覚えると、毎回撮らないといけない感じになって、
これがちょっとしんどくもあり、楽しくもあります。

朝の撮影は時間との勝負ですので、イメージが浮かんだらすぐに試し、修正してまた撮る。
これをカメラの設定含めて如何に素早く思い通りに撮れるかがポイントになります。
ピントの件ですが、使われていたNEX-5Nのレンズはピントのメモリがないようですので、
無限遠の位置を探して何かでマークしておくといいです。次回伝授しますw

ノイズリダクションは、最悪、ソフトで修正できるので常にOFFにしてます。
(結局毎回修正しませんが。。。)
撮影時間と同じだけ時間がかかるので出来れば省略したい為です。要は撮れてなんぼの精神です。
NEX-5Nがどれほどノイズが出るのか分かりませんが、一度試されてはいかがでしょうか。
NEXシリーズは、ミラーレスを検討している友人たちに、これまで一番に薦めてきたカメラです。
EOS Mより欲しいと思っているカメラですが、レンズのことがあるので僕には悩ましい存在ですw
いいカメラですのでぜひ使いこなしてください(^^)

| COOPER | 2013/02/28 23:49 | URL |

鳥肌物!!

COOPERさん、おはようございます。

またまた素晴らしい景色に出会えましたね。
これは冬の澄んだ朝なれではの景色なので、
テント泊でないとこの場所では見れませんね。

こんな景色を見ちゃうとカメラ装備をなかなか削れませんね。
特に三脚!!

上から5枚目がかっこいい!!

| climb like | 2013/03/01 05:56 | URL |

climb likeさん、おはようございます。

なかなか素晴らしい景色でしたよ。
やはりテント泊の特権ですね。
これがあるのでカメラ機材も削り難くなるんですよね。
5枚目ありがとうございます!

| COOPER | 2013/03/01 08:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/222-24596a79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT