yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北アルプス山行DAY3 ~上高地~

2011年8月13日(土)~2011年8月15日(月) DAY3
涸沢上高地

IMG_2239.jpg

激走のフィナーレ…



AM3時50分。
今日も外の声で目が覚めた。
いつもアラームは持ってこないので、この二日間、起きれるかちょっと心配していた。
携帯電話は一日目であっさり電池がヤバくなり電源をOFFに。
時刻の確認はいつもカメラで行うので、基本的に時計も持ってこないし、
目覚めるための自主的手段はなく、なりゆきに委ねるしかない。
今回は人の多い場所だけに、こういう結果になったんだろう。


テントを開け、空を確認する。
空は明るくなってきて、穂高の山々には雲が掛かっている。
明らかに昨日の方が空が澄んでいる。
昨日のうちにモルゲンロートを撮影しておいてよかった、
寒さに耐えて頑張った甲斐があった。
帰りの時間が気になったから、今日はテントの中から見ることにして、
昨日痛みが酷くなった膝の様子を気にしつつ、朝食の準備を始めた。
IMG_2233.jpg

昨日の晩に食べたシーフードヌードルの残り汁を利用して棒ラーメンを食べる。
初日に食べた時、味が薄かったからヌードルの残り汁を足してみたくなった。
マシにはなったが、まあこんなもんなんだろう。
IMG_2229.jpg

駒ヶ岳SAで買ったホットドッグを新ギアのミニロースターで軽く焼く。
IMG_2235.jpg

朝食後珈琲を飲み、少し休憩して片付けを開始する。
右膝の調子は相変わらず優れない。
というかかなり痛い。
曲げて体重を乗せると痛みが発生するので、
左足に委ねるしかない状態。
初日の涸沢までの登りで少しペースを上げてしまったのと、
今回、サロンパスを忘れてしまったのが効いていると思う。
膝の皿を故障したのは初めてだった。
今日の行程が長いことは分かっているので不安で仕方ない。
勝負は本谷橋まで無事下れるかどうかだ。

テントを撤収し、洗面などの出発前の準備を全て済ませると7時半を回っていた。
膝をかばう動きになったり、休憩したことで時間が掛かってしまっていた。
ストレッチにも時間を掛けて入念にウォーミングアップをした。

8時頃、下山開始。
下ってすぐのところで名残惜しく振り返る。
またここに戻って来る事を心に決め、穂高の山々に別れを告げた。
IMG_2241.jpg

今日の為に残していたアミノバイタルを飲み、
ストックに体重を乗せながら、両足に負担が掛からないように
ゆっくりと慎重に歩みを進めた。
開始早々から、右足を曲げると皿が痛むので右足は着地だけにし、
左足だけで下る場面が多くなった。
そうなると次に心配になるのが左膝への負担だ。
今回痛めたのは右膝だが、今までは9割以上が左膝だった。
だからいつも痛めている場所も痛み方も分かっている。
それがやってきたら一体どうなるのか、それはいつやってくるのか
ヒヤヒヤしながら下山を続けた。
これはもの凄い時間が掛かりそうだ。
傾斜が緩いところだけは右足も少し使いながら下った。

下山途中、同じように膝を痛めていた方がおられた。
その方の奥さんが、僕を後ろから見ていて痛そうだったと
声を掛けてきてくれた。
西穂から奥穂へ縦走し、昨日涸沢だったそうだ。
装備を見ると恐らく小屋泊まりだと思ったが、
西穂から奥穂のトレイルって上級者向けだったような?
独標から西穂までのところとそこから奥穂までのところ、ってほとんどか、
ヤマケイJOY2011かアルペンガイドで危険地帯が多いと読んだことがある。
僕が歩くことはたぶんないと思うエリアかな。
お互いゆっくりと安全に下山することを誓い合い、先を譲った。

日当たりの関係か、一部分だけ紅葉しているナナカマド?を発見。
夏の終わりは寂しい気持ちになる。
IMG_2244.jpg

後から下ってくる人に抜かれまくり、
20~30分に一回は休憩を取り、1時間が経った。
写真もほとんど撮らず黙々と下ったので、ゆっくりではあるが、確実に進んでいる。
本谷橋までの道のりはガレているところも多く、一段一段の段差が比較的高めだ。
二日前に通った道なので分かっていたが、痛めた足には相当キツイ下山となった。
体の痛みも辛いが、精神的にも辛くなってきた。
IMG_2245.jpg

10時過ぎ。
勝負のポイント本谷橋に無事到着。
CTよりも倍掛かっているが、着いたことに心底ほっとした。
少し残っているアミノバイタルを飲み干し、行動食も体に放り込んだ。
20分ほど休憩し横尾へ向けて歩き出した。
IMG_2246.jpg

横尾への道は、段差が高いところも少しはあるが、これまでと比べると断然ましだ。
とはいえ、丁寧にゆっくりと、無理をせず同じペースで歩く。
IMG_2247.jpg

10分ほど歩くと屏風岩が視界に広がった。
急峻な岩壁が堂々と聳えている。
写真では大きさが伝わりにくいが、本当に規格外の岩壁といった感じ。

屏風岩の上空では、曇りのち雨の予報どおり、雲行きが怪しくなってきた。
やっぱり行きしなに撮影しておくべきだった。
IMG_2249.jpg

12時。
本谷橋から1時間20分ほどで横尾に到着。
ほぼCTどおり、かなり頑張った。
出発からは4時間経っているが、今12時なのでこのまま何もなければ
バスの時間には余裕で間に合う。

二日前、帰りに徳沢の食堂を必ず利用すると決めたほどメニューが豊富だったから
ここでは足を休める為の小休憩を取ることにして、
昼食は徳沢までおあずけにした。
IMG_2251.jpg

二日前と同じいなり寿司。
御飯も揚げも温かく、お酢の加減が丁度よくて、早速リピーターになった。
IMG_2252.jpg

20分ほどゆっくりし、12時30分ごろ、再び歩きだす。
平坦な道になり、無理のない程度にスピードアップする。
大股歩きにすると膝を曲げる角度が小さくなり、
痛みがマシなのを発見したが、マシにならなかったりもしたので、
やっぱりゆっくり歩くことにした。
IMG_2254.jpg

梓川と登山道の間にある木々の中からキィーキィーと動物たちの鳴き声が聞こえる。
前を歩いていた親子も立ち止って森の中を探している。
見通しの良い木に、猿が群がっていた。
野生の猿は釈迦ヶ岳以来だ。
人間が餌をくれるのを待っているのか。
IMG_2256.jpg

13時25分。
横尾から50分で徳沢に到着。
ここで昼食を取ることに。
天気は徐々に崩れてきて、いつ雨が降ってもおかしくない空色だ。
IMG_2257.jpg

まずはソフトクリーム。
シンプルなバニラ味が美味しい。
冷たさが疲れた体を癒してくれた。
IMG_2258.jpg

昼食はざるそば。
蕎麦は平湯に戻ってから別で食べようかとも思ったが、
蕎麦屋をリサーチしてこなかったから、ここで食べることにした。
コシもあり蕎麦の味も美味しい。
ちなみに、この写真は大阪在住の某写真家のブログを参考に構図してみた。
IMG_2260.jpg

14時前。
徳沢を出発してすぐに雨がポツポツ降り出し、
ヤバイと思って木陰でレインウェアを着だした途端、
雨が強くなり豪雨に変わった。
カメラをザックにしまい、ザックカバーを掛ける。
写真はここで終了。
雨になぶられながらレインウェアで歩くのはたぶん初めてだ。
カトラ谷の時は傘をさして歩いたので、新鮮な感覚だ。

約50分で明神に到着。5分ほど休憩して再出発。

明神からは、さすがに下界、観光客だらけになる。
徳沢ではまだ少なかったジーンズ姿やチノパン姿が目立つ。
女子に至ってはヒールの人も。
歩くの絶対しんどいやろうな。
ジーンズとか絶対暑いし蒸れるよな。
そう思うと逆に凄いかも。

雨は20分ほどで止んだが、また豪雨に襲われると面倒なので、
とりあえずレインウェアは着たまま歩いた。
観光客の中には意外と歩くのが早いパーティーもおられ、
抜きつ抜かれつのデッドヒート。
膝が痛いのを忘れ、体力を温存しつつ大股歩きで頑張る。
小梨平が遠くに見えてきてフィニッシュが近づく。
温存した体力を解放。膝を故障しいてるとはいえ、
重い荷物を担いでいるとはいえ、
観光客に負けるわけにはいかないので、解放した力を出し、
あっさり抜き去った。(我ながら大人げない)

少し行くと河童橋に到着
一人で観光する気力もなく、混雑した河童橋をあっさりと通過。
少し歩くとインフォメーションが見えてきて3日間の行程を完了させた。
ここもお土産を見ずにバスターミナルに直行し、
16時発のバスでアカンダナ駐車場に無事戻ることが出来た。

平湯バスターミナルの3Fで平湯温泉に入り、
高山板蔵ラーメンを食べて帰路についた。
IMG_2262.jpg


涸沢、穂高の山々は想像以上に壮大だった。
涸沢カールの雄大さ、ヒュッテの雰囲気、山頂からの絶景を味わうと、
たぶんほとんどの人がリピーターになってしまうだろう。
人気の理由が分かった気がした。

北穂山頂から見た大キレット越しの槍トレイルはかなりソソられた。
常念山脈や裏銀座、そしてはるか後立山まで望め、
見ているだけでワクワクする、そしていつか歩いてみたい、
そんな山が果てしなく続いているようだった。

僕の山旅は始まったばかりだ。



撮影機材
EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F/3.5-4.5 USM
SIGMA 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM
関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 20:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

膝が痛いのは辛いですね
私も膝が時々痛くなります
以前、二上山~葛城山をピストンした時
ダイトレの階段で痛めましたその後
時々痛くなるので遠征の時はサポートタイツを
はき、ズボンの上から出来るサポーターもザックに
入れています、幸いまだサポーターは使う機会がありませんが。

観光客を追い抜き(我ながら大人げない)のくだり、物凄くわかります(笑)

| 段平 | 2011/08/31 18:14 | URL |

段平様

サポートタイツにサポーターですか。
やっぱりそれくらいやらないとダメですね。
膝痛はみなさん苦労されているんですね。
CW-X履いていますが効果があまりわからないです。
膝サポーターのリガードを検討中です。

観光客のくだり…最初は意識しないようにしてたんですが(笑)

| COOPER | 2011/08/31 22:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/21-fe7ca1c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT