yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mont・bell U.L.MONOポーチ

2012_1228_1.jpg
昨日、今年最後の仕事を終えた後、冬の弥山避難小屋泊の為にArio鳳のモンベルへダウンパンツを見に行ったのですが、ダウンパンツ以外にこのU.L.MONOポーチを衝動買いしてしまいましたw


今年の夏に左足首を捻挫して以来、興味が出始めていたU.L.を最近真剣に考えるようになりました。
山を歩く上で荷物が軽いということは、疲れずに長い距離を歩け、結果的に楽しめることにつながります。

日帰りだと今の重量でも全く問題ありませんが、テント泊ともなれば重量は一気に増えてしまいます。
僕の場合、カメラ機材も含めるといつも20kgオーバーもしくは18kgほどになります。

今年は小屋泊まりも経験し、食事も寝床も至れり尽くせりな山小屋にとても惹かれましたが、
やはり大地の雄大さを感じながら寝るテント泊は小屋泊にはない魅力があります。
そのテント泊装備を苦を伴わずに背負い歩くには軽量化するしかありません。
来年か再来年に考えている大峰奥駈道の一気縦走の為にも、U.L.は導入すべき課題なのです。

今回のU.L.MONOポーチは、よくある山用のサコッシュにあたるかと思いますが、さすが山をやる社員自らが
案を出し合うモンベル、よく考えられてる上に何より安価です。これが直接軽量化に貢献することはほとんど
ないとは思いますが、モンベルってこういうのも作ってたんだなぁと、本当は他のメーカーのサコッシュが
気になっていたのですが、一度使ってみたくてついついカゴに入れてしまいましたw

横型のU.L.MONOショルダーもありましたが、先日、THE NORTH FACEのフロントアクセサリーポケット
ゲットしたところなので、今回は縦型にしてみました。入れる物や気分で使い分けようと思います。

U.L.については来年少しずつ装備を見直す予定です。


このアジャスターでショルダーストラップの長さを素早く調整出来ます。ただ、このストラップは体の右側に斜めがけした時に正面で調整できるように設計されている為、いつも右に斜めがけしている一眼レフと干渉してしまいます。なので、反対に向けて体の左側に斜めがけするようにしたいと思います。(ロゴは見えなくなりますが)
2012_1228_2.jpg

ストラップの余った部分は専用のポートからバッグ内部に収納出来るようになっています。
2012_1228_8.jpg

ポートに差し込んだストラップの先端をバッグの中から引っ張り、
2012_1228_3.jpg

長さを合わせてすっきりさせます。この機能はよく考えたなぁと思いました。
2012_1228_5.jpg

内部のポケットをひっくり返すと小さく収納出来るmont・bell製品ではお馴染みのポケッタブル仕様となっています。
2012_1228_6.jpg

ループにカラビナを通せば、ザックに掛けて持ち運ぶことも可能です。このループは、バッグで使う時はキーリーシュにもなっています。※カラビナは付いていません。
2012_1228_7.jpg

今日、外出する際に試しに財布やスマホを入れて持ち出しましたが、強度も問題なくとても使いやすかったです。
早く山で使いたいですw



mont・bell U.L.MONOポーチ
【重量】29g
【カラー】ブラック/ ネイビー/ オレンジブリック/ オペラ/ ピーコック/ パンプキン
【サイズ】高さ24×幅19×奥行き4.5cm
【容量】1.2L
【価格】1,650円(税込)

mont・bellオンラインはこちら
横型のU.L.MONOショルダーはこちら


関連記事
スポンサーサイト

| gear | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

カメラ機材を運びつつのテン泊、
やはり軽量化は大きな課題でしょうね。
「U.L.」というのはウルトラライトってことでしょうか?

ひとつひとつの小物を少しずつでも軽くしておくと
塵も積もれば山となるで、僕も色々と考えてみようと思います。

しかし、山はお金がかかりますねぇ(笑。

| ke-n | 2012/12/29 08:29 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんにちは。

カメラ機材とテン泊装備の両立は、軽量化するしか方法がないですね。
今からマッチョに鍛えるのも現実的ではないですし(^^;)

「U.L.」はウルトラライトです。
山を始めた時から知ってはいましたが、何年か前からU.L.ハイクというのが騒がれだしたようです。
ウルトラライトは泊山行でも4~5kgくらいに抑えるというもので、
どのギアにも共通しているのが、機能性を犠牲にして生地を極力薄くて強いものに変え、
テントの場合はフロアレスにしたりインナーをメッシュにするなどして軽量化する、といった感じです。
物理的な問題でそういう対策になるのでしょうが、場面によってはそれで十分なことが多いと思います。
しかし、僕の場合カメラ機材だけでU.L.に達してしまいますのでそこも悩みです…。
6Dにしたところでしれてますしね。(ミラーレスAPS-Cが気になりだしてます)

おっしゃるように小物をまめに軽くしておくことでも効果はあると思います。
年末年始の宿題として、全てのギアの重量を測定して表にしようと思っています。
どれから軽くしていくかじっくり作戦を練ります(^^)

山もカメラもやっぱりある程度のお金が必要ですねw

| COOPER | 2012/12/29 16:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/204-0f1b1d08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT