yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

天女の舞 ~P1518~

2012年12月16日(日)
熊渡~カナビキ尾根~天女の舞~ピストン
2012_1216_26.jpg
「天女の舞ってどんなとこ?」ってことで行ってきました(^^)


先週末は気温が一気に上昇し、二日連続で大阪府は15℃くらいまで上がりました。
山間部では、先週降り積もった雪がほどほどに融けているのではないかと予想し、
水曜日にパスした天川村へ向かいました。

水曜日の山友との山行でも案が出たP1518、通称「天女の舞」の雪景色はとても綺麗なことで有名で、
大峰フリークの間でも人気のスポットとなっています。(通過点の見どころとしてかな?)
前から一度歩いてみたかったので、下見がてらに行くことにしました。

通常は川合から登り、狼平や弥山へ行くついでに立ち寄るのが正規なのでしょうが、
川合からのルートは歩きが長いため、これまで敬遠していました。
今回もいつものように敬遠し、熊渡ルートを使いました。

熊渡ルートは、傾斜は川合ルートより急だと思いますが(地形図を見ると)、
ほとんどが九十九折れだし、時間的には30~40分の短縮が可能なので、
いつもこのルートを選んでしまいます。ただ、展望がないのが残念なのですが。。。

この日は冬道も試せればと思い、その下見も兼ねて歩いてきました。
出発はなんと8時30分です。


あたり前ですが夏に来た時と雰囲気がえらい違います。このあたりは、全く雪がありませんでした。
2012_1216_1.jpg

9時45分。
中盤で尾根に乗る地点。いつもここまで来たら安心します。ちょっと雪が見え始めますが全然です。
2012_1216_2.jpg

7月の時はあったかな?覚えてませんが、こういう小さいのでもあると、初めて来た人にはありがたいと思います。
2012_1216_3.jpg

今日は全般的にガスっていたのもあり、大峰の雰囲気を全開に味わえました。
2012_1216_4.jpg

9時59分。八経帰りの方とすれ違いました。弥山か狼平泊まりで早朝に下山されたのでしょう。
2012_1216_5.jpg

2012_1216_43.jpg

最後の直登のところは雪がズルズルでちょっと怖かったですが、つぼ足でキックステップで延々登りました。それを過ぎてトラバースになると一安心です。結局、今日は冬道を試せませんでした。
2012_1216_7.jpg

10時31分。川合からの合流地点に到着。最後の40分ほどは雪でペースが落ちましたがちょうど2時間です。雪の量はご覧のとおり融けまくっています。
2012_1216_8.jpg

こちらは今年の4月1日に来た時の写真です。せめてこれくらいは欲しいところでした。
2012_04018_20121219235445.jpg

今日は狼平とは逆の方向へ歩きます。ここからは未踏エリアです。左がP1518の巻き道で、右が直登です。ここを右へ進みます。
2012_1216_9.jpg

比較的小さいエリアをネットで四角く囲っていました。保護対象の植物があるのでしょうか。
2012_1216_10.jpg

2012_1216_11.jpg

11時00分。P1518に到着しました。先ほどの合流地点から30分が経過していますが、休憩したり写真でのんびり登ったからです。実質は10~15分くらいだと思います。
2012_1216_12.jpg

このあたりは風が強いので少し霧氷が出来ています。とりあえず見れて良かったw この霧氷、よく見ると雨氷にも見えなくもないが、今朝の雨で出来たとしたらそうかもしれません。
2012_1216_13.jpg

2012_1216_14.jpg

blogなどでよく見る光景がなかなか出てきません。この先だと下ることになってしまいますが、とりあえず行ってみます。
2012_1216_15.jpg

すぐに開けたところに出ました。そうです、ここです、天女の舞。雪は少ないですがそれでも綺麗な景色です。
2012_1216_16.jpg

せっかくなのでワカンハイクを楽しむことに。
2012_1216_22.jpg

2012_1216_17.jpg

支尾根が見えますが綺麗な感じです。
2012_1216_18.jpg

2012_1216_19.jpg

さすが有名スポット。看板まで立てられています。ke-nさんが以前はなかったと仰っていたので最近出来たのでしょう。確かに真新しい感じですね。雪のシーズンに合わせたのかな。
2012_1216_20.jpg

2012_1216_21.jpg

2012_1216_23.jpg

11時40分。30分ほど散策し、おなかが減って来たので昼食にします。先ほど見えた支尾根の方が風がなかったので、適当に木の影に腰を落ち着けました。前回と同じ豚汁ラーメンです。山用のカップ麺を調達する時は、嫁さんの分も買うので、ついてこなかったりすると次も同じのを食べることになります。
2012_1216_25.jpg

うめ海鮮さんでゲットした「梅こぶ茶とうがらし味」です。11月にAceさんと会社メンバーと行った橋杭岩ライトアップ撮影ツアーの際のおみやげです。雪山で飲むと温まるだろうと思い残しておきましたが、これが大当たりでした(^^)まだ残ってますので当分楽しめそうです。
2012_1216_24.jpg

今回は、天女の舞で樹氷とは行きませんでしたが、下見としては十分満足出来ました。12時10分、P1518を登り返し、来た道を戻ります。
2012_1216_26.jpg

ようやく太陽の光が出てきました。ここから少しの間だけ撮影を楽しませてくれました。
2012_1216_27.jpg

2012_1216_28.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F11 1/50秒 ISO400


2012_1216_29.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F11 1/80秒 ISO400


2012_1216_30.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 31mm F4 1/800秒 ISO400


2012_1216_31.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 21mm F8 1/80秒 ISO400


2012_1216_32.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F10 1/100秒 ISO400


名残惜しいですがぼちぼち戻ります。
2012_1216_33.jpg

2012_1216_34.jpg

2012_1216_35.jpg

2012_1216_36.jpg

14時10分。無事、林道終点に下山完了です。
2012_1216_37.jpg

コントラストとV字が面白かったのでパチリ。
2012_1216_38.jpg

中央付近に見える赤い建物が見えるとホッとします。ここの林道はいつも下りが長く感じますが、今日はさほど長く感じませんでした。
2012_1216_39.jpg

2012_1216_40.jpg

橋から上流側を見ると、対岸の山肌が写りこんでいます。お決まりのようにパチリw
2012_1216_41.jpg

ズボラしてPLを付けませんでしたが、綺麗な色をしていました。反射が目立つのでやっぱり付ければよかったかな。。。
2012_1216_42.jpg


天女の舞は、開けた地形がとてもいい雰囲気で気に入りました。
次はもう少し樹氷が見れる時に来たいと思います。

今シーズンの雪山の慣らしとしては物足りませんでしたが、
わかんを楽しめたことで、頭は雪山モードに切り替わりましたw
まだあと1~2回は雪山のウォーミングアップになりそうです。





ログは乱れながらもだいたいルートは合っているようです。しかし、なぜか下山途中のP1518あたりでログがストップしてしまいました。設定に問題があるのか、THE NORTH FACEのアクセサリーポケットに入れてるのが関係してるのか。。。
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

天女の舞。良く聞きますがログを見ると
栃尾辻の付近ですか?。

| 段平 | 2012/12/20 13:00 | URL |

 こんばんは。

 1枚目、ホワイトアウトっぽい画像ですね。とうがらしうめ茶、寒い時には
役に立つでしょう。年末にまたうめ海鮮に寄りますので、良かったら追加で
買って来ますよ。

| Ace | 2012/12/20 21:50 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん

こんばんは。
天女の舞は栃尾辻とカナビキ尾根のちょうど中間あたりにあるP1518よりも
ちょっとだけ栃尾辻よりに下った地点です。解放感のある素晴らしいところでしたw

| COOPER | 2012/12/20 22:03 | URL |

Re: タイトルなし

Aceさん

こんばんは。
1枚目、ホワイトアウトまではいかないですが、午前中はずっとガスってました。
とうがらしうめ茶…あのおみやげは雪山で飲むために買ったのですが、
大正解でした。最高にうまかったですw
1/7(月)に一つ宜しくお願いします(^^)

| COOPER | 2012/12/20 22:07 | URL |

幻想的ですね

ガスった雰囲気がとてもいいですね。今にも、天女が降りてくるような・・・。
19日に行った際、私は天女の舞には寄りませんでした。直行したかったので。
次回、ご一緒したときの楽しみに取っています。
今回の下見、踏み跡があり積雪が少なく締まっていたため単独でも行けましたが、これから本格的に雪が降り積もって来るとそう簡単には進めないでしょうね。
ワカンを付けラッセルしながら、コースを探し迷いながながら行くことになりますね。
頂仙岳の巻き道、片斜面のトラバースが雪に覆われると不安定で万一滑ってしまうと大変なことになりますね。
この日に降った粉雪が、下山時、たった数時間で踏み跡を消していたのが驚きでした。晴れの予報が雪になるのも困ったものです。
天候や積雪状況など十分調べて決行日を決めまたいですね。

| annyon・アンニョン | 2012/12/21 00:30 | URL |

アンニョンさん

こんばんは。
ガスった雰囲気、ありがとうございます。
大峰はやっぱりガスが似合いますねw
僕も次回、ご一緒する時に天女の舞の樹氷を期待しています。

積雪が続くとあっという間にトレースが消えるのは怖いですね。
歩き慣れているところでも、尾根伝いに慎重に歩かないと外してしまいそうです。
ご一緒する時はワカンが大活躍しそうですw

歩きも不安ですが、それ以上に狼平か弥山避難小屋で寒くて寝れないのではないかと
懸念しています。
決行日は、気温と天候からして28~29か29~30あたりが狙えそうです。
来週中頃まで天気予報と睨めっこですね(^^)

| COOPER | 2012/12/21 01:00 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

天女の舞、
ガスで展望が無かった?のは残念ですが、
それも大峰らしいという雰囲気が撮影できましたね。
今シーズンはここで真っ白な樹氷の世界をぜひ
撮影したいものです。

青空とガスの中に立つ木々のお写真(ラストから10~11枚目かな)、
冬山の到来を告げているような印象をいただきました。

| ke-n | 2012/12/21 08:21 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん

こんばんは。
ガスは残念ですが、大峰の雰囲気を出せたのでよしとしますw
次回は是非樹氷を楽しみたいですね。

ラストから10~11枚目は確かに冬が始まる前の雰囲気がしますね。
唯一の青空を絡められてよかったですw

| COOPER | 2012/12/21 22:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/201-b3e243bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT