yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

金剛山 第24回(32) ~もみじ谷~

2012年12月12日(水)
もみじ谷~太尾西尾根
2012_1212_19.jpg
アンニョンさんke-nさん、僕、の男3人で雪遊びをしてきました(^^)


この日は仕事の日でしたが、お二人が弥山に行くということだったので、トンネル西からのラストチャンスに
便乗したくて振休を頂きました。平日に休むのは後ろめたい気持ちはありますが、取らないと溜まる一方だし、
現時点でもかなり溜まっているので、久しぶりに取らせて頂くことにしました。

ところが、前日の夕方時点で309号の積雪がかなりヤバイ状況で、ke-nさんが天川村役場に問い合わせて
頂いた結果、弥山は諦めてまったり金剛山にしようということに。
全員が軽四の二駆+スタッドレスですが、これらの車じゃとても無理でしょう。
大変残念ですがこればっかりは仕方がありません。

7時30分過ぎに水越WCに着くと、みなさんすでに到着されていて準備をされていました。
僕とアンニョンさんが先日お会いしたことで、全員顔見知りになっていたこともあり、
最初からみなさん話が弾みました。

旧309号をWCから水越のダイトレまで歩き、そこからもみじ谷へ向けて歩き始めます。
2012_1212_1.jpg

もみじ谷に入って1/3くらいの地点。いつもここで撮ってしまいます。
2012_1212_2.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F10 1/10秒 ISO1000 PLフィルター

第5堰堤
2012_1212_3.jpg

少し氷結が始まっていますが、まだまだ水の勢いはあります。
足元が滑りだしたので、ここでアイゼンを着けます。
2012_1212_4.jpg

振り返って見た雪景色は、写真越しで見ると心地よいせせらぎの音が今にも聞こえてきそうな一枚に。
2012_1212_5.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F9 1/50秒 ISO500 PLフィルター

登って行けそうな谷。これもルートかな?
2012_1212_6.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 21mm F9 1/60秒 ISO500 PLフィルター

ke-nさんと同じ画を撮っていましたw
2012_1212_7.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F8 1/80秒 ISO500 PLフィルター

V字谷へと足を踏み入れる男たち。
2012_1212_8.jpg

ついつい何度も振り返ってしまう。その気持ちにきっちり応えてくれる素晴らしい谷です。
2012_1212_9.jpg

ふと見上げると青空と樹氷もどき。
2012_1212_10.jpg

話ながら、撮りながら、歩む速度はゆったりですが知らない間に第6堰堤に到着。
いつもよりゆるいペースのはずがあっという間に感じました。
2012_1212_11.jpg

氷瀑は未完成ですが、滝を囲うように上下左右に氷雪が彩ります。
2012_1212_12.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F10 1/15秒 ISO500 PLフィルター

2012_1212_13.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F4 1/320秒 ISO500 PLフィルター

2012_1212_14.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 63mm F4.5 1/500秒 ISO500 PLフィルター

2012_1212_15.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F9 1/30秒 ISO500 PLフィルター

2012_1212_16.jpg

最後の分岐を右にとり、さぁ、いよいよ最後の急登です。急登の途中から振り返って見る雪景色は結構好きです。
2012_1212_17.jpg

鋭い眼光で山頂を目指すke-nさん、画になります。
2012_1212_18.jpg

雪と戯れる男たち。この画を撮るために少しペースを上げましたw
2012_1212_51.jpg

数日前はプチモンスターだったのでしょうね。
2012_1212_20.jpg

10時40分。ようやく登り切りました。葛城神社の裏道に合流する少し手前の地点です。
2012_1212_21.jpg

アンニョンさんのリクエストで、葛城山のViewポイントに寄ります。
2012_1212_22.jpg

葛城神社直下のブナ林に到着。
2012_1212_23.jpg

葛城山も少し雪化粧です。この後香南荘で昼食後、山頂に寄ってから下山することにしました。
2012_1212_24.jpg

一ノ鳥居付近。
2012_1212_25.jpg

展望台から大峰は見えず。
あの雲の向こうか…行かんでよかったかなw
2012_1212_26.jpg

ちはや園地も結構積もっています。去年の1月に来た時より深くてしっかりした雪です。
今回の寒波がどれだけ強烈だったかが伺えます。
2012_1212_27.jpg

2012_1212_28.jpg

ざるそば単品と、ミニカツ丼定食(温かい蕎麦)を注文しました。アンニョンさんの薦めで、冷たいのと温かいのを両方頂きました。これが通らしいですが、冷たいのを後にした方がよかったかも。
2012_1212_29.jpg

アンニョンさんがフルーツと行動食をプレゼントしてくれました。
行動食は加藤文太郎の受け売りで少しアレンジされているようです。
とてもおいしかったです、ありがとうございました。
2012_1212_30.jpg

13時20分。長いこと居座って山談義を楽しんだ後、外に出ると大峰山脈が見えていました。
アプリ『山カメラ』で確認すると左手が弥山・八経となってました。では右の白い山はなんでしょう?
大峰山脈の手前に見えてるので天和山あたりかな。右が弥山に見えなくもないが…。
今日は油断して地図を忘れてしまったのでアナログな同定が出来ませんでしたw
2012_1212_31.jpg

山上ヶ岳方面。凍てついた山容に心が震えるのはヤバイ兆候でしょうか。。。
あの白さは概ね厳冬の様相ですね。
2012_1212_32.jpg

白の大峰に興奮した後は、遊歩道でまったりスノーハイクです。
2012_1212_33.jpg

2012_1212_34.jpg

2012_1212_35.jpg

ダイトレ側よりも遊歩道の方が綺麗なプチ樹氷が見れました。
2012_1212_36.jpg

2012_1212_37.jpg

赤の方が絵になりますねw
2012_1212_38.jpg

今日はマイナス2℃。寒くありません。
2012_1212_39.jpg

2012_1212_40.jpg

Aceさん、あの赤い建物は葛城修験道根本道場のようですw
2012_1212_41.jpg

14時20分。山頂到着です。
朝の8時前から歩き始めたので、6時間半ほど居ることになります。
2012_1212_42.jpg

ここでアンニョンさんがドリップコーヒーを入れて下さいました。
やっぱり挽いたコーヒーはおいしいですね。
ほんとに今日は至れり尽くせりで、どうもありがとうございました。
2012_1212_43.jpg

せっかくなのでスリーショットを撮って頂きました。時刻は14時50分。
2012_1212_44.jpg

下山は太尾西尾根を使います。今日はほんとにいい天気です。
2012_1212_45.jpg

2012_1212_46.jpg

2012_1212_47.jpg

2012_1212_48.jpg

2012_1212_49.jpg

少し雪が降りましたがすぐに止み、16時30分頃、下山完了です。
2012_1212_50.jpg


僕にとって初めての山友との山行。

それは、山の中で、共に汗を流し語らいあうことの素晴らしさが詰まったものでした。
一つのゴールに向かって進む中で、それぞれの違った視点がとても新鮮で刺激を受けました。
山の難易度が上がるほど、恐らくそれは顕著に現れてくるのではないかと思います。
一人より二人、二人より三人と言われる意味がなんとなく分かった気がしました。

また、一緒に同じルートを歩いても、それぞれが異なる場所や構図で撮影している点が
とても興味深かったです。そんな中でも、ke-nさんとはやはり好みが似ているようで、
同じような画が何枚かあり、逆に安心してしまいましたw

この日は本当に楽しい一日でした。
アンニョンさん、ke-nさん、お付き合い頂きどうもありがとうございました。
アンニョンさんはフルーツや行動食だけでなく、アルプス縦走DVDも焼いて頂き、
色々お気遣いをありがとうございました。

今シーズンは少し雪が多いですが、厳冬期弥山を目標にしたいと思いますので、
ご都合宜しければぜひ一緒にチャレンジしましょうw





最近スマホに換えてからログを取れるようになったので試しに使っていますが、
アンドロイドスマホのGPS精度は噂どおりでした。電池もなくなり途中で切れてしまいました。
このログはデタラメな部分がところどころにあるので、くれぐれもコピーされないようお願いします。
アンニョンさんとke-nさんは本家ガーミンで精度抜群ですので、コピーされるならそちらからw
この件については別途記事にしたいと思います。



撮影機材
CANON EOS 7D
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM

関連記事
スポンサーサイト

| 金剛山 | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 こんばんは。

 赤い建物が何か調べて下さってありがとうございましたw それにしても
まだ初冬なのになかなかの景色ですね。もっと高い山に行ったらえらいことに
なりそうですね。

 

| Ace | 2012/12/14 21:12 | URL |

Aceさん

こんばんは。
赤い建物は修験道場でした。
今回の寒波は各地を一気に厳冬へと誘いましたね。
もっと高い山…大峰では膝や腰を越えるラッセルだったようです。
僕レベルではとても行けません(>_<)

| COOPER | 2012/12/14 21:30 | URL |

今度は泊まりで

COOPERさん、こんばんは。
ブログの写真、どれも素晴らしいですね。私も同じ光景を見て撮ったのですが・・・。
今回、お二人さんとご一緒した山行き、実に楽しく良かったですね。
こういう山登りの機会がもっと増えればと思っています。
山行きを始めて2年半、316回の山行きは、たいていが単独行です。
寂しがり屋なので山で出会った方には積極的に声をかけています。
そこで話が弾んだ方に挨拶代わりのヤマレコ宣伝の名刺を渡しています。
それがご縁でブログにコメントを頂く方も多いです。
そして、今回のようにご一緒しての山行きまで発展したというのが10回ほどになります。
北アルプスや遠方のテン泊を伴う山行きは、もっともっと行きたいのですが単独では不安で、躊躇してしまいます。
COOPERさんは、あちこちテン泊をされているので今後の山行きで、テン泊等される場合は是非ご誘って下さい。
土日祝は全て空いています。
年末の12/22~24、泊の山行き計画がありましたら、是非・・・。 天候次第ですかね。

| アンニョン | 2012/12/15 00:21 | URL |

Re: 今度は泊まりで

アンニョンさん

こんばんは。
写真、ありがとうございます。
お二人が雪と格闘されているTOPの一枚がお気に入りですw

今回は僕もすごく楽しかったです。
山行スタイル的には、アンニョンさんとke-nさんの中間くらいに僕がいる感じでしょうかw
そういう意味でもとても快適な9時間でした。

アンニョンさんは316回も山に行ってるんですね。凄いですね。
僕はせいぜい年間30回ほどなので、入山日数でもようやく累計100回くらいだと思います。
山登りは僕もだいたい2年半なので(2012年5月初旬開始)、全く同じ時期かもしれませんね!

僕は基本的に人見知りするタイプなので、アンニョンさんのように声をかけれればもっと広がるのでしょうね。
名刺を作られているのには驚きました。とても便利だと思います。
ぜひ真似させて頂きますね、もちろんカラーでw

遠方の際はお誘いさせて頂きます。運転もその分楽出来ますね。
僕は基本一人で往復運転するので、夜中発でどの日も熟睡出来ない時は結構応えます。。。

テン泊、ぜひご一緒しましょう!僕も一緒にテン泊出来る人がいたらなぁと思っていました。
来週の12/22~23は厳冬の北横岳へ行こうと思っていますが、天気と嫁さん次第です。
嫁さんがアウトになった時点でお誘いしようと思いますが、アウターシェル(上下)とピッケルが必須なので、
それでも宜しければご一緒しましょう。(小屋泊まり予定です)
2,500mでは何が起こるか分かりませんので、コースタイムはかなりゆるめで設定しています。

年末は1/6まで10連休ですので、どこかの日にまたご一緒できれば嬉しいですw

| COOPER | 2012/12/15 01:58 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

トップのお写真、臨場感が溢れていて良いカットですね。
そしてV字谷から見上げた構図、別々に撮っていたはずなのに、
手前の樹の入れ方まで同じなので、少々、びっくりです(笑顔。
僕の方がCOOPERさんと同じで間違ってなかったと安心させてもらえます。

鋭い眼光の一枚は、くたばりかけ手前の顔です(笑。

こうして同じコースを歩いて、違う視点で撮られた写真を拝見させてもらえるということは、
大変参考になり、レベルの向上にも繋がる気がいたします。

氷の造形は本当は、三脚立てて絞りこんで撮りたいところですよね。
また行ってみようと思います。

本当に楽しい一日をありがとうございました。
僕も一緒にテント泊と行かせてもらいたいところですが、
今のところはまだそこまでの決意が固まっておりません。
テン泊装備を揃えると、ますますのめり込んでいきそうで怖いです。

弥山の南?に見えていた白い峰、気になりますね。

この冬にまた日帰りの冬山、ご一緒したいですね。
今後とも長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

| ke-n | 2012/12/15 08:45 | URL |

おはようございます。
三人様の記事全部読みました。
同じ所を歩いても三人三様の記事、写真で
それぞれの個性が垣間見れます。
なんか羨ましく思います。
香南荘の玄関も綺麗にリニューアルしたようですね。
そば茶飲みました?好きなんです、その店の「そば茶」。

| 段平 | 2012/12/15 09:42 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん

こんにちは。
トップの写真、ありがとうございます。
普通の風景写真よりも、風景と絡めたスナップの方が好きなのかもしれません。

V字谷の写真は僕もびっくりでした。ほんとに別々で撮ってましたもんねw
鋭い眼光の一枚、そうだったんですね、でもくたばる手前もなかなか画になっていますね(笑)

一緒に歩いても違った視点で撮られているのを見ると、やはり新鮮ですね。
僕も勉強させて頂いてますw

氷の造形は手持ちではあれが限界ですね。
あそこは冬に行くと高確率で氷を見れるポイントです。
いつも同じ画を撮ってしまいますw

こちらこそ楽しい一日をありがとうございました。
テン泊はまた決意が固まったらお知らせくださいw
まずはシュラフやマットだけ購入して避難小屋泊まりからでもいいかもしれませんね。
その際はお声掛けください、お付き合いしますので(笑)

帰ってから見てみると、やはり右の方が弥山で白く見えていたのはそこからの支尾根だと思われます。
アプリがちょっとおかしかったのかな。。。
こちらこそ、この冬に日帰りでどこかご一緒できれば嬉しく思います。
今後ともよろしくお願い致します。

| COOPER | 2012/12/15 16:08 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん

こんにちは。
三人三様の記事、写真、全くその通りですね。
それぞれの個性が出て、違った雰囲気なので、面白いのでしょうね。
段平さんとも一度ご一緒したく思っています。
僕が付いていけるか分かりませんが。。。

香南荘の玄関、去年とあまり変わっていなかったような気がしましたが、
気づいた点といえば、そばのモニュメント?が置いていたくらいです。。。
ここのそば茶は僕も大好きです。ほどよい香りと味がたまりませんねw
初めて行ったときに一発でファンになりました(笑)

| COOPER | 2012/12/15 16:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/196-4cdcff4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT