yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

釈迦ヶ岳 DAY1

2012年11月24日(土)~2012年11月25日(日)DAY1
太尾登山口~千丈平~山頂ピストン
2012_1124_39.jpg
久しぶりの釈迦ヶ岳、やっぱりいい山でしたw


2012年11月24日(土)
3連休の中日に釈迦ヶ岳へ向かいました。

前日は愚図ついた天気を利用し、12月の3連休を自由に動けるように準備に充てました。
来年のカレンダーや年賀状の画像セレクト、冬タイヤへの交換などなど…。
STIL0018_2.jpg
ケータイフォト


そして土曜日。
釈迦ヶ岳は3月初めに来て以来、約9カ月ぶりです。
今回は完全に直前の思い付きで、千丈平でテン泊することにしました。
いつも拝見しているブログで、2010年の12月末、樹氷が綺麗な時期にお釈迦様の目覚めを
素晴らしい画で撮られていたのを思い出し、一度見てみたくなったからです。

それを見るには千丈平でテン泊するのが最適と思ったのでゆっくりめに出発し、
11時過ぎに太尾登山口に到着しました。
着いてすぐ、軽トラのおじさんがやってきて少し話をしましたが、この方、この辺りの山主さん?猟師さん?らしく、
鹿を撃ちに行こうかどうしようか迷ってるとのこと。。。

無知な僕は、撃ってどうするんですか?と聞くと、グロテスクなお持ち帰りの話とか役所に売る話とかを
話して下さいました。。。この辺の木はほとんど自分たちが切って新しい木を植えた、なんて話も伺いました。
この道ウン十年、どう見ても70歳は超えていると思われる方でしたが、結局、登山者が多いから今日はやめとく、
と言って帰って行かれました…。
そういえば20mほど下った道路脇の駐車地も、このあとすぐに満車になりました。

天気は曇りの予報が晴れに変わったのか、綺麗に青空が出ています。
嬉しい誤算です。

11時45分。
おじさんと別れてそろそろ僕も出発します。

ここはいつも撮ってしまいます。ジブリのような、生き物のような、屋久島のような木。(行ったことないけどw)
2012_1124_1.jpg

25分ほどで稜線に出ました。テン泊装備なのでいつもながら鈍足です。
今日は千丈平までなので、テン泊のリハビリにもちょうどいい感じでした。
2012_1124_2.jpg

ここで7~8人のグループに抜かれました。20mほど下の駐車地に停めた方たちです。
2012_1124_3.jpg

近くに見える山が綺麗に紅葉しています。中央下付近に見えるのは方角的に旭ダムかな。そういえば168号の山間部はかなり綺麗に紅葉していました。終わってると思ったので驚きましたが、特に、不動小屋林道へ入る直前の2つのトンネル手前の東の方角に見えた全山紅葉が圧巻でした。停める場所があれば撮ってたんですが。。。
2012_1124_4.jpg

2012_1124_5.jpg

12時30分。不動木屋登山口ルートとの合流地点です。
3月初めの雪の時に、途中でルートロスして谷を最後まで登り切ってバテてしまった思い出深いルートです。
2012_1124_6.jpg

10分ほど休憩をして出発します。今日は天気がいいので少し暑いです。
2012_1124_7.jpg

この辺りから千丈平まで気持ちいい笹トレイルが続きます。
2012_1124_8.jpg

ここも撮ってしまうポイント。
2012_1124_9.jpg

大日岳も深仙ノ宿もはっきりと見えます。
2012_1124_12.jpg

ほんとに気持ちいいトレイルです。
今まで雪の時期以外に歩いたことがなかったので、これほど快適なトレイルだったなんて分かりませんでした。
2012_1124_13.jpg

古田の森の標識を発見し(右上)、ちょっと感動。登山道から少し左に外れた丘陵部にありました。
2012_1124_51.jpg

こちらはその丘陵部の手前の登山道沿いです。
2012_1124_14.jpg

ここは巻いても良かったんですが、眺望がいいので登りました。
2012_1124_18.jpg

2012_1124_19.jpg

2012_1124_20.jpg

今日は遅い出発だったので、何組もの下山グループとすれ違います。
2012_1124_21.jpg

何だこれ?
2012_1124_22.jpg

14時ちょうどに千丈平に到着。
2時間15分は、テン泊装備を考えたら僕の中では頑張った方です。
2012_1124_23.jpg

そこから少し歩くと釈迦ヶ岳の標識です。
右の木に深仙ノ宿への標識が付けてあります。そちらの方へ行ってみます。
2012_1124_24.jpg

2012_1124_25.jpg

20mほど進むとテン場がありました。
綺麗に整地されていて、周りに同じようなサイトが幾つも用意されています。
全部で10張りくらいは可能でしょうか。少し登ったところに水場(かくし水)もあり、勢いよく出ていました。
2012_1124_26.jpg

今日のお昼はマルちゃんのカレーうどん(あま辛)です。時間もアレなんで先に昼食を食べ、
2012_1124_27.jpg

その後サクッとテントを張ります。写真左下の赤とグレーのミニチェアは、先日、好日山荘でゲットしたものです。今回これが至るところで大活躍でした。(約200gf)
2012_1124_28.jpg

テントで少し休憩後、16時過ぎに山頂へ向かいます。さっきまで快晴だったのにガスってきてます。
2012_1124_29.jpg

雲の向こう側からディフューズされた太陽光が霧氷を照らして独特の雰囲気に。
2012_1124_30.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F8 1/100秒 ISO1250

2012_1124_31.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F13 1/250秒 ISO400

2012_1124_32.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 28m F13 1/50秒 ISO400

2012_1124_33.jpg

2012_1124_35.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 50m F5.6 1/3200秒 ISO400

2012_1124_36.jpg

2012_1124_37.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17m F4 1/30秒 ISO1600

2012_1124_38.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 50m F8 1/80秒 ISO640


16時35分。山頂に到着です。雪も凍結もなくアイゼンは不要でした。午前中は少し雪が残っていたらしいです。
2012_1124_39.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17m F8 1/160秒 ISO640 Velbon E545M

2012_1124_40.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 21m F10 1/50秒 ISO640 Velbon E545M

2012_1124_42.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 14mm F8 1/10秒 ISO800 Velbon E545M

2012_1124_43.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 46m F10 0.8秒 ISO200 Velbon E545M

2012_1124_44.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 46m F5.6 25秒 ISO200 Velbon E545M

17時40分くらいまで粘りましたが、日が暮れてしまいドラマは起こりませんでした。
テントに戻り、夕食はビーフシチューを食べました。(15分のアルファ米)
アマノフーズのこのシリーズには毎回ヤラレます。めちゃくちゃ旨いです。
あの深い味がたったの10秒そこらで完成するなんて素晴らし過ぎます!

そして、寝る前に少し写真を撮ろうと外へ出ると、さっきまでのガスが抜け、またまた快晴に。

2012_1124_45.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17m F5 15秒 ISO2500 Velbon E545M

2012_1124_46.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 10mm F5 15秒 ISO3200 Velbon E545M

2012_1124_47.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 22mm F11 30秒 ISO2500 Velbon E545M

2012_1124_48.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 13mm F5.6 25秒 ISO2000 Velbon E545M

2012_1124_50.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 10mm F9 301秒 ISO800 Velbon E545M

この後、谷に光るあの眼光の大群にビビってテントに戻り、携帯の目覚ましを3時30分にセットして
シュラフに潜りました。


つづく


撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5USM
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 おはようございます。

 一時期霧が出たようですが、全体的に好天で良かったですね。
これだけ天気が良いと、先日の大台ケ原同様にかなり気持ちが
良いでしょうね。

 山の上での星撮影やってみたいです。

| Ace | 2012/12/01 07:41 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

山で夕景、星空、日の出を見るというのは
風景撮影家にとって最高の贅沢に思えてきます。

釈迦ヶ岳はどの季節に訪れても、気持ちの良いトレイルができますね。
古田ノ森から千丈平の間の光景がとても好きで、
お写真から現地の雰囲気が伝わってまいります。

セピアチックな色の空にお釈迦様、良いですね。
星空のお写真も遥か高みまで抜けるような空気感がたまりません。

| ke-n | 2012/12/01 08:42 | URL |

おはようございます。
釈迦ヶ岳は好きな山の一つです、
気持ちの良い登山道で最高ですね。

テン泊、羨ましいな~、怖がりの私には無理ですが。

| 段平 | 2012/12/01 09:35 | URL |

Re: タイトルなし

Aceさん

こんばんは。
かなり好天で出だしから上々でした。
大台ケ原の時もいい天気でしたね。
山での星撮影は、来年山小屋デビューで撮影しましょうw

| COOPER | 2012/12/01 20:45 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん

こんばんは。
山での夕景、星空、日の出はとても贅沢な時間ですね。
テンションがMAXになりますね。
でも、たまに(特に早朝は)、撮影しないといけない気に追われてしんどく感じる時もありますw

釈迦ヶ岳は、夏に来れば大まかに全ての季節に訪れたことになりますが、
日差しのシャワーがたまらなそうです。。。
古田ノ森から千丈平の間はイイ雰囲気ですね。
大峰フェチならたぶん誰もが気に入るルートでしょうね。

セピアチックな色は撮影ままの色なんですが、マジックアワー直前の時間に
雲と絡んでこんな色になったのかと思います。不思議ですね。
星空の写真、ありがとうございます。鹿のせいで少し消化不良ですがw

| COOPER | 2012/12/01 20:58 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん

こんばんは。
段平さんも釈迦ヶ岳がお気に入りなんですね。
釈迦ヶ岳は大峰でもTOP3に入るくらいの人気ルートだと思いますが、
今回ようやくその意味がわかった気がします。
本当に気持ちの良い登山道でした。

テン泊はここなら全然いけますよ。
季節は10月末~11月初旬くらいが最適かもしれません。

| COOPER | 2012/12/01 21:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/190-a661faad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT