yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

金剛山 第6回(14) ~妙見谷~

2011年7月24日(日)
金剛山 妙見谷、千早本道

IMG_1758.jpg

沢歩きを楽しもう…



今日は気温も暑そうなので、沢歩きが出来るルートを選択。
先週の遠征の疲れはとれていたが、やはり涼みたいので、ある程度水が
多そうな丸滝谷か妙見谷のどちらかに絞った。
どちらも行ったことがないが、ブログ情報によるとどちらもしんどそう。
遠征の後だし、あまり体をイジメない程度の短い時間がいい、
ということで妙見谷に行くことにした。


7時40分頃、まつまさPに駐車。
8時過ぎ、来た道を下りてバス通りをロープウェイ方向へ歩く。
少し歩くと車道の橋で川を跨ぎ、写真の先を道なりに右へ曲がり、
また車道の橋で川を跨いですぐ左手にゲートがある。そこが入口だ。
IMG_1748.jpg

8時15分頃、ゲートを横からすり抜け、暗い道を歩き始める。
IMG_1749.jpg

15分ほど歩くと梯子が現れる。
アルミ?の梯子で、壊れた部分を補強してあるがグラグラする。
それでもこの程度なら問題なく下りることが出来た。
IMG_1750.jpg

IMG_1754.jpg

8時40分。妙見の滝に到着。
思ったより早く着いた。地図を見てもうこんなに来たのかと思い、
あっさり山頂に着いてしまうのではないかと甘い考えをする。
IMG_1755.jpg

ここは右から登る。一応ロープも付けられている。
IMG_1759.jpg

今日は写欲があんまり出なかったせいもあったり、
光がほとんどない上、手持ちだったし、思うように撮れず難しかった。
手ぶれ補正を掛けて何とか1/15で撮影。よく見るとピントが甘くブレも少しあった。
IMG_1763.jpg

こんな感じで手をガッツリ使う場面が合計3~4箇所あった。
プチアドベンチャーを楽しめ、危ないと思う場面はなかった。
IMG_1774.jpg

IMG_1776.jpg

このコースは水の流れが強いのが印象的。
結構、上の方まで水が出ていたので驚いた。
沢筋を歩いたり、沢から少し尾根に上がって沢を見降ろすルートを歩いたりして
進んでいく。
周りの景色も今までの他のルートとはちょっと違った雰囲気だ。
自然林が多いため、山の本当の自然を味わえるルートだと思う。
IMG_1779.jpg

9時45分頃。
水はまだまだ出ている。ガレた感じになってきた。
ここから少しガレが続く。金剛山でこんなに自然がイイ感じの道があったなんて。
大峰と同じとまで言わないが、非常にいい雰囲気だ。
IMG_1787.jpg

同じ場所で下に振り返ったところ。
このガレた雰囲気、いい感じ。
IMG_1790.jpg

10時10分頃。
ガレ場を過ぎると藪道になり、藪を掻き分け進むと、本道の横に出てきた。
そして最終的にココに出た。
IMG_1794.jpg

今日は20℃。思ったより気温は低い。
IMG_1795.jpg

売店の珈琲フロートで暑くなった体を冷やす。
めちゃくちゃ美味しい。
IMG_1797.jpg

IMG_1801.jpg

帰りは千早本道で、11:15下山完了。

初めての道で不安はあったが、テープもあったし迷うことはなく、
危険個所もゆっくり確実に難なくクリア出来た。
沢の水は冷たく、流れは強く、歩きごたえがあった。
ただ、滝を過ぎてからはなかなか山頂に着かなかったので、
ちょっとしんどかった。
滝のところで地図を見て安心したからそう感じたのかもしれない。
途中ですれ違ったのは一組だけで、静かに避暑を過ごすには
おすすめのルートかもしれない。



撮影機材
EOS 7D
SIGMA 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM
関連記事
スポンサーサイト

| 金剛山 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/18-f86f74b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT