yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北横岳 DAY2

2012年10月6日(土)~2012年10月7日(日)DAY2
北横岳ヒュッテ~北横岳ロープウェイ
2012_1006_2_19.jpg
坪庭付近で撮影


2012年10月7日(日)
北横岳二日目

朝5時に起きると外はガスガスで、小雨が降っていました。
日の出を見るのは無理なので、小屋の玄関の休憩所で本を読んでいました。

6時。
朝食の時間です。
焼き鮭、卵焼き、海苔、漬物、ごはん、味噌汁でした。ごはんはお代わりしました。

天気予報は雨のち曇に変わったようで、蓼科山に登っても展望は期待出来ません。
それに、昨日すでにガッツリ登ったし、足首の疲れも溜まってたので、
今日は無理せず下山することにしました。

出発の準備を済ませ、スタッフらしき方と話をして、片道2分の七ツ池の道順を教えて頂きました。
この池を散策してからロープウェイに戻ることにしました。


すき焼きを撮影した時のW.B.(白熱電球)のままで撮ってしまいましたが、幻想的なのでこれはこれでありかな。
2012_1006_2_1.jpg

2012_1006_2_2.jpg

2012_1006_2_3.jpg

2012_1006_2_4.jpg

2012_1006_2_5.jpg

ガスが掛かりいい雰囲気ではありますが、肝心の紅葉がほとんど見えません。。。
この池の周りに結構色づいてる紅葉を昨日上の方から見ただけに、ちょっと残念です。

2012_1006_2_6.jpg

2012_1006_2_7.jpg

2012_1006_2_8.jpg

小屋に戻ってコーヒーを頼み、スタッフの方たちの雑談に参加しながら一息つきます。
2012_1006_2_36.jpg

8時10分。下山開始です。
なんやかんやアットホームでいい山小屋でした。冬にリピート決定です。
2012_1006_2_10.jpg

三ツ岳分岐。
昨日の夕食の時に「大岳行けたら三ツ岳行けるよ」と言われたのを思い出しました。
さぞ岩場の難所が連続するのでしょうね。絶対行きませんw
2012_1006_2_11.jpg

ボッカの方です。初めて見ました。
飲み物などのカートンをいっぱい担いでおられました。
「今日はあいにくの天気で残念だね」と声をかけて下さいました。
それだけ担いでるにも関わらず声をかけて下さるなんて凄いと思いました。
2012_1006_2_12.jpg

2012_1006_2_14.jpg

2012_1006_2_16.jpg

2012_1006_2_17.jpg

雰囲気のいいところに出ました。
少し歩くと坪庭に合流したので、散策することにしました。
坪庭は順路があり一方通行のようです。
2012_1006_2_18.jpg

2012_1006_2_19.jpg

2012_1006_2_20.jpg

2012_1006_2_21.jpg

2012_1006_2_22.jpg

坪庭の出口付近で、遠くの山々(南アルプス方面?)が雲の合間から姿を現しました。
素晴らしい景色でした。
2012_1006_2_23.jpg

2012_1006_2_25.jpg

2012_1006_2_26.jpg

山頂ロープウェイ駅の売店でこけももアイスをゲット!
2012_1006_2_27.jpg

10時10分発のロープウェイで下山です。
ロープウェイからの景色が素晴らしかったので何枚か撮りました。
2012_1006_2_28.jpg

2012_1006_2_29.jpg

2012_1006_2_30.jpg

下山後の温泉は小斎の湯です。
ココは内湯と露天風呂の場所が完全に離れています。
それぞれに脱衣所と小さい洗い場がありますが、洗い場は写真中央下のとおり露天なので、
洗っている最中は寒くてたまりませんでした。(シャワーはなく蛇口の熱湯と水をカランに入れるタイプ)
しかし、温泉は最高でした。酸性湯だったと思いますがすごく体が温まる気持ちいい温泉でした。
2012_1006_2_31.jpg
※誰もいないことを確認してから撮影

露天風呂は離れにあるので、こういった廊下を歩きます。
2012_1006_2_32.jpg

混浴があるそうです。もちろん入りませんが。
2012_1006_2_33.jpg

お昼は、そば処「三五十屋(みごとや)」で天ぷらざるそば定食。
2012_1006_2_34.jpg

ビーナスラインを少しドライブし、帰路に着きました。
左奥に見えてるのは美ヶ原かな…。
2012_1006_2_35.jpg

紅葉は1週間ほど遅れているようで、さらにいい色づきをするとのことでした。
今回は部分部分でいい紅葉が見れたので、僕は満足しました。

北横岳ヒュッテはとても気に入りました。
次はスノーハイクの時期に来たいと思います。

そして山小屋泊まりが続くと、テント泊に戻れるのか不安になるほど山小屋が快適に感じますw



撮影機材
CANON EOS 7D
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)

関連記事
スポンサーサイト

| 八ヶ岳 | 22:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

昨日はどうもでした。
あまりゆるりと撮影する時間がなかったのが残念ですので、
いずれまたゆっくりと撮影オフなどもご一緒させて下さいね。

七ツ池の霧の中、岩も配した2枚目のお写真が
僕的にはすごく好みのカットです。
「アルプスの池」という神秘的な感じがすごく出ているように感じます。

温泉も良さそうですね。
このようなお写真を拝見すると、ぜひ行きたくなりますね。

| ke-n | 2012/10/15 08:30 | URL |

七ツ池の幻想的な写真いいですね~。

山小屋そんなに気に入りましたか
北横岳ヒュッテですね、北八に行くときは
泊まってみます。。

| 段平 | 2012/10/15 15:22 | URL |

 霧が出てるのもいい雰囲気ですね。出過ぎだと周りが見えなくなって
困りますが...。テントより山小屋に泊まる方が快適ですよね。でもテントの
方が気を使わなくていいかもしれませんよ。

| Ace | 2012/10/15 21:18 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん

こんばんは。
こちらこそ昨日はありがとうございました。
撮影も是非ご一緒したいですが、まずはオフ会でしょうか(笑)
今後とも宜しくお願いしますw

2枚目の七ツ池、ありがとうございます。
二日目は全体的にガスがいい演出をしてくれましたが、2枚目は二日目のMy Bestです。

温泉、よかったですよ。
景色もなかなか良くて、いつもより長く浸かってしまいました。
小屋で一緒に食事をした方も来られてたので、登山者御用達かもしれません。

| COOPER | 2012/10/15 22:12 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん

こんばんは。
七ツ池の写真、ありがとうございます。
山では悪者でしかないガスも、写真業界じゃ絶好の脇役ですからねw

北横岳ヒュッテ、よかったですよ。
定員も40~50名だったと思います。
山小屋泊は、テント泊と比べてなんて楽に歩けるんだろうと最近本気で感じてますw

| COOPER | 2012/10/15 22:17 | URL |

Re: タイトルなし

Aceさん

こんばんは。
ガスは、写真業界では名脇役として持てはやされていますが、
登山業界では邪魔もの以外の何ものでもないんですよねw

山小屋の良さは最近徐々に分かってきました。
特に他のお客さんとの語らいが楽しいんですw
そして、寝る時に耳栓が必要だということもはっきり分かりました(笑)

| COOPER | 2012/10/15 22:22 | URL |

こんにちは。
なかなかスリリングな行程でしたね。
知った道であっても分岐などで現在地、行き先等の確認、大事ですね。
(日頃の習慣が知らない土地で役に立ちますもんね)
無事に小屋へたどり着けて良かったです。

八ヶ岳方面は、地図で見るよりも遠い気がして、今はまだなかなか
足が向きません。でも、あの苔むした森の感じは大峰に似ていると
知人も言っていて、とても興味があります。

いつか、行きたいなと思います。


| anz | 2012/10/17 10:56 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

anzさん

こんばんは。
大岳、スリリングな行程でしたよw
雨池の通行禁止の方がちょっとややこしそうだったのでしっかり下調べしたんですが、
そこをクリアして正直気が抜けてました。(駅~双子池までは地図見まくりでした。。。)

八ヶ岳までのアクセスは、中房温泉より近いか同じくらいですよ。
駒ヶ岳SAで休憩を1回入れて高石市から4時間30分でしたし。
ココと天狗岳は冬にまた来る予定ですw

八ヶ岳の森はやっぱり大峰に似てるんですね!
おもっきり高崎横手やんと思いました(笑)

森が多い山はやっぱり落ち着きますね、八ヶ岳是非!

| COOPER | 2012/10/17 20:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/175-52b6ad1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT