yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北横岳 DAY1

2012年10月6日(土)~2012年10月7日(日)DAY1
北横岳ロープウェイ~雨池~双子池~北横岳~北横岳ヒュッテ
2012_1006_1_11.jpg

縞枯山荘。とてもフォトジェニックな山小屋です。


2012年10月6日(土)

10月の3連休、高山の紅葉狩りを目当てに白山(平瀬道)と北横岳で悩みましたが、
標高差が少なく比較的ゆるりと歩けそうな北横岳周辺の池巡りにしました。

この周回ルート、一番多く紹介されているモデルルートは次の内容です。
1日目) ロープウェイ-北横岳ヒュッテ(泊) [1時間]
2日目) 北横岳ヒュッテ-北横岳-亀甲池-双子池-雨池-ロープウェイ [5時間20分]

このアンバランスさがどうもしっくりきませんでした。
この初日の行程がもったいなく感じてしまいます。
さらに、天気予報は二日とも「曇時々晴」なんて中途半端な空模様。いつ天気が崩れるか分かりません。。。
ということで、初日は逆回りで周回し、二日目は体調がよければ蓼科山(百名山)をゲットすることにしました。


自宅をAM2時30分に出発し、いつものコンビニに寄り、100円高速~第二京阪経由名神~中央道諏訪IC下車。
北横岳ロープウェイには7時頃に到着。
ロープウェイの始発が8時20分なので、暫く写真を撮ったり、横になったりしていました。

2012_1006_1_1.jpg

2012_1006_1_2.jpg

8時前の改札口。思ったほど人は多くありません。450台収容の駐車場(無料!)もガラガラでした。
2012_1006_1_3.jpg

8時20分発の始発に乗り、約7分で坪庭に到着です。
少し肌寒いくらいなので、歩くと温かくなるでしょう。
ほとんどの人が(左)坪庭散策ルートへ行きますが、僕たちは(右)雨池峠方面へ進みます。
2012_1006_1_5.jpg

8時35分、快適な木道を出発です。
2012_1006_1_7.jpg

正面に縞枯れた山が見えます。同定してませんが、雨池山でしょうか。
縞枯れ現象については→こちら
2012_1006_1_8.jpg

15分ほど歩くとフォトジェニックな小屋が見えてきました。
2012_1006_1_10.jpg

縞枯山荘です。
2012_1006_1_12.jpg

ここで縞枯山のバッジを買いました。登ってませんけどw
小屋の中もすごくいい雰囲気でしたが、オーナーが少し無愛想な山男的な感じで怖かったですw
2012_1006_1_13.jpg

2012_1006_1_14.jpg

5分ほど歩くと雨池峠です。
(右)縞枯山・茶臼山・麦草峠
(左)雨池山・三ツ岳経由で北横岳
(前)雨池・双子池
2012_1006_1_15.jpg

高崎横手から狼平へ向かっているのかと錯覚してしまいそうな道で、大峰やーん!を連発。
2012_1006_1_16.jpg

よくわからんキノコを珍しくパチリ。
2012_1006_1_17.jpg

枯れ木から生まれる新しい生命。
見つけた瞬間、思わずパチリ。
2012_1006_1_19.jpg

振り返り見上げると、ちょっとした紅葉が岩場に彩りを添え、秋を演出してくれる。
2012_1006_1_20.jpg

面倒くさい岩場が30分ほど続き、9時40分、大石川林道に合流。黄色と緑が綺麗です。
大石川林道(雨池峠下~双子池入口までの区間)は、現在、落石の危険があるため通行禁止となっています。
代わりの新道が、佐久穂町と近隣営業施設の協力で開通しています。(廃道を笹刈した登山道)
2012_1006_1_21.jpg

こんな雰囲気の道をゆるりと歩きます。
2012_1006_1_88.jpg

振り返ると綺麗な紅葉の道。
2012_1006_1_23.jpg

10時10分。雨池に到着。
木の陰から見える紅葉がなんとも美しく、思わず近寄ってみては同じような画でシャッターを切りまくり。
2012_1006_1_91.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F5.6 1/400秒 ISO800 SLIK S.P.Ⅱ3Way


対岸の紅葉もいい色づきをしているのがチラホラ見え、いよいよ写欲が高まります。
2012_1006_1_28.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 10mm F11 1/40秒 ISO100 SLIK S.P.Ⅱ3Way


2012_1006_1_29.jpg
CanonEOS7D TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005) 300mm F9 1/125秒 ISO400
SLIK S.P.Ⅱ3Way


2012_1006_1_92.jpg
CanonEOS7D TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005) 300mm F9 1/100秒 ISO400
SLIK S.P.Ⅱ3Way


2012_1006_1_93.jpg
CanonEOS7D TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005) 300mm F9 1/100秒 ISO400
SLIK S.P.Ⅱ3Way


雨池北岸より。反対側も綺麗に紅葉しているのが見えます。
2012_1006_1_36.jpg

十分綺麗な色づきだと思いますが、あまり長居出来ないのが辛いところ。
40分ほど撮影を楽しみ、双子池へと向かいます。
2012_1006_1_35.jpg

10時55分。
これが笹刈りされた廃道です。標識から真新しさが伝わります。
2012_1006_1_37.jpg

こんな感じで倒木なんかはまだほとんど整備されていません。
かなり静かな道で、すれ違った人は一人だけでした。
2012_1006_1_94.jpg

ここも膝をついて倒木の下を潜ります。
2012_1006_1_39.jpg

山肌全面に紅葉する感じではなく、ポツポツと鮮やかな紅葉が迎えてくれます。
2012_1006_1_41.jpg

11時55分。1時間ほどでカラ川橋に到着しました。
詳しいルート案内(正規回り)はこちら→ 新道案内
2012_1006_1_42.jpg

2012_1006_1_43.jpg

しっとりとした紅葉の道が楽しめます。
2012_1006_1_44.jpg

旧登山道(左)の笹薮へ入り、大きく迂回する林道をショートカットします。
2012_1006_1_46.jpg

2012_1006_1_97.jpg

10分ほどで林道をショートカットし、そこから林道を5分ほどで双子池入口です。
2012_1006_1_48.jpg

双子池まではカラマツが整然と立ち並び、双子池へと誘っているようです。
2012_1006_1_49.jpg

12時55分。双子池に到着です。
雨池から2時間掛かりました。
2012_1006_1_50.jpg

双子池ヒュッテは昼食をやっていないので、雄池を見ながら適当なものを食べることにします。
2012_1006_1_51.jpg

今日は手持ちが少ないので、カップヌードルリフィル1個を二人で分けます。
2012_1006_1_53.jpg

雄池
2012_1006_1_66.jpg

2012_1006_1_55.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F10 1/80秒 ISO500


2012_1006_1_57.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F9 1/50秒 ISO640


2012_1006_1_58.jpg
CanonEOS7D SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 17mm F8 1/50秒 ISO640


2012_1006_1_59.jpg
CanonEOS7D TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005) 168mm F5.6 1/125秒
ISO1000


2012_1006_1_60.jpg
CanonEOS7D TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005) 300mm F5.6 1/80秒 ISO1000


雌池
2012_1006_1_62.jpg

2012_1006_1_63.jpg

左上にテン場が見えます。朝霧に霞む紅葉の雌池なんて最高でしょうね。
2012_1006_1_64.jpg

双子池ヒュッテの正面にあるこの標識には、「大岳 北横岳」と書かれています。
僕は何気なく北横岳の文字に安心してしまい、大岳の文字を気にしないでいました。
僕たちが次に向かうのは「亀甲池」経由で北横岳です。
2012_1006_1_61.jpg

14時15分。
やってしまいました。

地図を確認せず、標識の北横岳の文字だけに気を取られて、大岳に向かって登り始めてしまいました。
大岳経由だと北横岳ヒュッテまでCT2時間50分。
亀甲池経由は2時間10分です。

普段なら絶対にあり得ないミスです。
亀甲池へは、雌池の外周の登山道を40分ほど進むのが正解です。

ここがその大岳登山道入口。明らかに狭過ぎます。
ちょっとあり得へんなぁと思ってたのに…。
2012_1006_1_67.jpg

はっきりと間違いに気が付いたのは30分ほど登った連続する急な岩場。
今から戻っても、このまま登るのとトントンの時間です。
すれ違う方々の意見を大いに参考にし、そのまま登ることにしましたが、これが失敗でした。
2012_1006_1_68.jpg

2012_1006_1_69.jpg

15時15分。天狗の露地。
見晴らしのいいところには天狗っていう名前がよく付いてるけど、なんででしょう?
2012_1006_1_70.jpg

撮影だけなら、なかなかイイ景観やなぁで終わるんですが…。どう見てもデッカイ岩場がいっぱい見えてます。
2012_1006_1_72.jpg

紅葉もイイ感じですが、それよりまだだいぶ距離があります。
かなり登ったつもりだったので、愕然としました。
2012_1006_1_71.jpg

14時30分頃から何十回と小屋へ電話を掛け続けましたが、
圏外だったり、電波が2本なのにコールしなかったり。
CTどおりでも17時過ぎの到着となり心配をかけてしまうので、ずっとTELしますが繋がりません。
これはかなりヤバイです。本気で焦りました。

ここからは時間優先で少し飛ばし、稜線に出るまで写真もなしです。

しかし、ここまでも、ここからも、足の置き場の間隔の広い岩場が連続し、3点支持も強いられます。
時には両手で岩をつかみ片足を岩の上に置いて、垂直方向に反動を付けて足を踏ん張り蹴り上げる。
こんな繰り返しが延々と続き、とっておきのアミノブレイクもほとんど効かない状態に。

ちょっとましな傾斜でも、お世辞にも足場がいいとはとても言えない岩場。
この連続で、ふくらはぎよりも両足首が先に疲れ出し、息も切れるようになり、遂にバテテきました。

戻って双子池ヒュッテ泊も考えましたが、あの岩場を降りて戻るのが嫌だったので、
気合いで登り続けました。

そして、16時20分。
岩と格闘すること2時間。ようやく大岳分岐の稜線です。
真っ赤な紅葉が出迎えてくれました。
2012_1006_1_73.jpg

このルート、大岳にそのまま直登して、後は稜線を北横岳へ向かうのかと勘違いしてましたが、
実際はこの分岐から北横岳とは逆方向に大岳がありました。
見た感じ、往復60分。。。もちろんパスですw

この分岐に出た瞬間は芯からホッとしました。
ここまでの岩場は本当に辛く、これで槍や剱も怖くないんじゃないかと思うくらいでした(-_-;)
この先は、なだらかな稜線伝いのハズで、1時間で北横岳となってます。

ところが待っていたのは、まだまだ続く岩場やガレでした。
稜線伝いだけは合っていましたが…。
2012_1006_1_74.jpg

20分ほど格闘し、もうお腹いっぱいになった頃に普通の登山道が現れました。
2012_1006_1_75.jpg

北横岳北峰へ向かう後半の道は、歩き易い普通の登山道で本当に助かりました。
2012_1006_1_76.jpg

幽玄な雰囲気の紅葉を発見。
イイ感じなのか微妙なのか…。。。
2012_1006_1_98.jpg

北峰が間近です。ここから一旦下って、北峰への最後の登りとなります。
山頂の向こう側に南峰があり、そこを下るとヒュッテに到着です。
2012_1006_1_79.jpg

そして、ここでようやく電話が繋がりました。
女性スタッフは予想どおり不機嫌でした。そりゃそうです。
16時には着いて下さいと予約時に言われてました。

南峰の下には七ツ池が見えました。紅葉が真っ赤になってます。
2012_1006_1_80.jpg

池のすぐ右手に、本日のお宿がありました。
このまま斜面をトラバースして南峰直下まで行きたいのですが、そういうわけにもいきません。
2012_1006_1_82.jpg

曇ってる上に日も暮れかけて薄暗くなったので、予め装着しておいたヘッデンをONします。
2012_1006_1_81.jpg

17時30分。
念願の北横岳(北峰)登頂です。
冒頭のモデルルートどおりに来てたなら、1時間で到着してました。。。
2012_1006_1_83.jpg

5分後、南峰登頂です。
2012_1006_1_84.jpg

2012_1006_1_85.jpg

17時45分。
無事、北横岳ヒュッテに到着しました。
中央の窓(1F)の人影はオーナーです。気にかけて外を見てくれていました。
2012_1006_1_86.jpg

この後、受付でオーナーにコッテリしぼられ、平謝りで渋々許してもらいました。
部屋の案内を受けた後、すぐに夕食が始まり、部屋に荷物を置いて食堂へ向かいました。

そして、ごはんを見てビックリ!
なんとすき焼きです!しかも馬肉です。
初めて食べましたがあっさりして美味しかったです。
氷結グレフルを購入し、すき焼きをたらふく食べて、今日の疲れが一気に吹き飛びました。
2012_1006_1_87.jpg

夕食は、6人グループで一つのお鍋だったので、自然と山談義に花が咲きました。
愛知県の夫婦、岐阜県の夫婦と御一緒し、養老山が意外と素晴らしかったね、御在所岳もよかったね、
なんて話を聞いたり、雨池や双子池の紅葉はよかったですよ、なんて語っていると、
無事に小屋に辿り着けてほんとによかったなと、改めて思いました。

夕食中、オーナーが僕たちの行程を聞いて少し驚かれていました。
登りが多い逆回りはあまり歩かないようで、
予定通り亀甲池を回ったとしても16時はキツイよ、と釘をさしつつ、
七ツ池のナナカマドが10年ぶりに真っ赤になったんだよ、いい時に来たよね、楽しんでってね、
と優しい言葉も掛けてもらいました。その後も頻繁に声を掛けて下さり、
不器用な中にも気遣いが見られるオーナーの人柄に触れることが出来ました。
今日はほんとに申し訳ないことをしたと思いました。

部屋に戻るとストーブで温めてくれていて、さらにアットホームな雰囲気に包まれました。


さて、この日は一人一つの布団でしたが、寝る準備を済ませていざ布団に入ると、
今日もすんなり寝れませんでした。
僕は小屋泊まりはどうもダメなようです。

20時過ぎから降り出した雨は、風を伴って朝方まで猛烈に小屋を叩き続けました。
今日ばかりは、星空と朝日の撮影をしなくていい理由が出来てホッとしました。

そして、朝5時に目が覚めた時、外はガスガスでした。

つづく



撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5USM
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)

関連記事
スポンサーサイト

| 八ヶ岳 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。
ちょっとした勘違い私もよくあります。
大変でしたねぇ。
双子池の紅葉素晴らしいですね~。
小屋の夕食がすき焼きとは豪華でしたね。
つづき楽しみに待っています。。

| 段平 | 2012/10/12 07:56 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

双子池の紅葉と池への映り込み、良いですねぇ。
こういうのが撮りたい!って思います。

大峰やーん!の雰囲気、まことによく分かります。
たしかにあそこと同じ匂いがしますね(笑。

ほぼ一日歩かれてからの、段差のあるごろごろ岩の登り道は、
間違ったショックもあり、相当にきつかったでしょうね。

17:45山小屋到着は、しぼられて当然ですが、
(めっちゃ美味そうなすき焼きに間に合って良かった)
根は優しい素敵なオーナーさんみたいで良かったですね。

| ke-n | 2012/10/12 08:57 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん

こんばんは。
今回の道間違いは完全な思い込みでした。
大岳という字はチラッと見えてましたので、後であちゃーってなりましたw

双子池の紅葉は1週間先が見頃らしいので、明日あたりが最高だと思います。
小屋のすき焼き、想定外でした。相当疲れてたのでこれにはヤラレました(笑)

| COOPER | 2012/10/12 21:56 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん

こんばんは。
双子池の紅葉は1週間先が見頃らしいのですが十分だと思いました。
池への映り込み、ありがとうございます。
もうちょっと光が欲しかったですね。

大峰やーん!のくだりはホントに高崎横手そっくりでした。
見た目だけでなく、あの付近の甘い木々の匂いも同じでした。(そりゃそうか)

段差のある岩場は、岩場自体が苦手なので精神的に辛かったです。
嫁さんにも申し訳なかったのですが、これが意外としっかりついてきてました(-_-;)

小屋のオーナーはホントに優しい方でした。
冬にリピーターになることを嫁さんと約束しましたので、
1月あたりに、モンスターと樹氷のスノーハイクと、南八ヶ岳~日本3アルプス雪山遠望を
楽しんできますw

| COOPER | 2012/10/12 22:06 | URL |

 水辺の紅葉、最高ですね。来週末が楽しみです。山で
道に迷うと大変ですね。到着が遅くなると危険ということで
怒られるんですかねw

| Ace | 2012/10/12 22:11 | URL |

Re: タイトルなし

Aceさん

こんばんは。
水辺の紅葉、ありがとうございます。いい雰囲気の池でしたよ。
来週末、僕も楽しみですw

小屋の到着が遅くて怒られるのは、危険なのが一番の理由だと思います。
夕食の段取りとかも実際はあるかもしれません。

| COOPER | 2012/10/13 00:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/172-c8148a9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT