yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

双六岳 DAY1

2012年9月15日(土)~2012年9月17日(月)DAY1
新穂高温泉~鏡平
2012_0915_1_20.jpg
登山を始めたころから歩きたかった双六エリア。ようやく実現しました。


2012年9月15日(土)

前日22時に自宅を出発し、第二京阪~京滋バイパス~名神~東海北陸とつなぎ、
予定通り午前2時40分に現地に到着。
登山者用無料駐車場はすでに満車で、仕方なく登山口の駐車場に停めました。(超高額)
車中で2時間ほど仮眠し、5時半に準備を始め7時頃に歩き始めました。

前日は18時から仕事で会議が入りちょっと焦りましたが、長引くことなく終わり、
今回も帰りに整骨院に寄ってテーピングをしてもらいました。
それでも、テン泊のザックを担ぐと、空身では全く平気だった左足首に少し痛みが。
少々不安を感じながらのスタートとなりました。

登山口Pから少し戻ったWCのあるバス乗り場。橋の工事中でした。
2012_0915_1_1b.jpg

舗装された砂利道やアスファルト、土の道など、平な道が1時間20分ほど続きます。
2012_0915_1_2.jpg

2012_0915_1_3.jpg

橋を渡る際に川を見ると、山を照らす朝の光が黄緑色になって川面に映し出されていました。
2012_0915_1_4.jpg

この辺りで工事をやっていて、何度か車が通ってました。
2012_0915_1_5.jpg

8時15分。
1時間15分でわさび平小屋に到着です。たくさんの登山者で賑わっています。
2012_0915_1_6.jpg

そうめんを扱うなんて粋ですねw
2012_0915_1_7.jpg

9時00分。
わさび平で休憩後、20分ほど歩くと奥丸山との分岐点です。奥丸山の先は槍ヶ岳へ続いています。
この分岐を過ぎるといよいよ登山道に入ります。
2012_0915_1_8.jpg

10時00分。
遠くに高い山が見えています。ルートの方向からするとあそこまで行くんかな…。
まだまだありそう。。。
2012_0915_1_33.jpg

このルートは鏡平まで谷地形なのでガレ場がかなり多いです。
今までの経験上、谷の登りは時間もかかり疲れることが多かったんですが、ここも例外ではありませんでした。
2012_0915_1_9.jpg

10時30分。
分岐から1時間30分でようやく秩父沢の水場に到着です。
予想通りの谷の急坂、照り返す太陽、、、足取りが重くなり徐々にCTから遅れてきました。
今日はひんやりタオルを忘れたのが致命的でした。
ここで普通のタオルを濡らして頭からかぶりました。
2012_0915_1_11.jpg

今回、セイシェルのサバイバル3(携帯ボトル浄水器)を初めて投入しました。
kurosawaさんのレポで知り、かなり良さそうだったので早速ゲットしました。
いつもは2Lほど水を持って行きますが、この日はアクエリレモン500ml+水500ml+セイシェル600ml(空)で、
途中の沢で足しながら登りました。
ここの休憩場所にはちゃんとした水場があったようですが、セイシェルがあったので探さずに沢の水を使いました。
沢、池、湖、雨、風呂(笑)などの、何かしらの水が取れることが前提になりますが、
これはめちゃくちゃ便利です!もう外せません!
kurosawaさん、ありがとうございました。
2012_0915_1_10.jpg

30分ほど休憩し、11時前に出発しました。
ここからもジリジリ照らす太陽とテン泊装備が効き、15分登っては10分休憩するようなペース。
シシウドヶ原に着いた時には13時前になってました。CTのほぼ倍です。
2012_0915_1_13.jpg

2012_0915_1_12.jpg

シシウドヶ原からは等高線の間隔が少し広くなっていて、若干傾斜が緩くなりました。
そのとおりに足取りも進みましたが、僕はこれまでの疲れがそろそろピークに近づいていました。
左足首をかばっていたのもあったかもしれません。

さっきの沢では、「今日はヘッデン覚悟で双六まで行こう」と嫁さんと言っていましたが、
現時点の疲れ度合いと、ここからまだ2時間以上登った双六小屋から一気に下る最終日の足首の不安を考え、
僕から嫁さんにギブアップを申請しました。
テントは張れないけど今日は鏡平山荘に泊まることにしました。
ただ、もし部屋が空いてなければ頑張って双六まで行く覚悟はしていました。
2012_0915_1_14.jpg

14時00分。
チラっとコル地形が見えてきました。たぶんあと少しでしょう。
僕たちを抜いていく人たちの軽装を見て羨ましく思ったのは今日が初めてでした。
残る力を振り絞って前に進みます。
2012_0915_1_15.jpg

14時15分。鏡池に到着です。
午後から湧き出た雲が槍を隠してしまい、結局この日はその雄姿を見せてくれませんでした。
ここから双六小屋までは2時間10分なので時間的には登れますが、体はヤメテと言ってますw
2012_0915_1_16.jpg

ボーっとしたくなります。
2012_0915_1_17.jpg

2012_0915_1_18.jpg

14時20分。
鏡平山荘に到着です。今日は久しぶりにホッとしました。
2012_0915_1_21.jpg

小屋前のテラスはたいへん賑わっていました。
右端の3人と左端の1人(赤いザックカバー)の外国人の方たちは、この後双六へ行きました。
そのうちの1人の方は、シシウドヶ原で隣で一緒に休憩しました。
そして、この方たちとは帰りの温泉でもバッタリ会いましたw
2012_0915_1_19.jpg

売店前のテラスも繁盛してます。
この後、分厚い雲から大量の雨が降ってきて、夜まで激しく降ったり止んだりを繰り返していました。
着いてから数分のことでした。結果的に、ココにしといて正解だった気がします。
2012_0915_1_20.jpg

2012_0915_1_25.jpg

綺麗な小屋です。
2012_0915_1_26.jpg

穂高101号室の室内。
僕たちの寝る場所は左奥2階の6人部屋です、何とか空いてました。
2人で一つの布団をシェアしますが、嫁さんの隣は1人分空いてました。
こないだの富士山では布団3枚で7人だったのでそれよりはだいぶましです。。。
ここの小屋は、寝床の一段上にザックを置く棚があるのでとても便利です。
富士山では頭と壁の間にザックを置くので、めちゃくちゃ狭かったです。
2012_0915_1_27.jpg

まだまだ宿泊の受付にやってきます。
2012_0915_1_28.jpg

部屋からの景色。テラスの向こうは槍・穂高ですが今日は雲の中。
2012_0915_1_22.jpg

出た!槍や!と歓声が沸きましたがすぐに隠れてしまいました。
2012_0915_1_23.jpg

ここの名物はカキ氷!ですが、この時はそれよりも氷結グレフルでしたw
テントで食べる予定だった賞味期限当日の「サンミー」も一緒に食べました。
2012_0915_1_24.jpg

2012_0915_1_29.jpg

鏡池以外にも池が二つありますが、これも鏡池でしょうか?小屋で聞くのを忘れました。
2012_0915_1_30.jpg

山肌は秋の衣替えが始まったばかり。
2012_0915_1_31.jpg

夕食はおいしく頂きましたが、お腹が気持ち悪くて少し残してしまいました。(氷結のせいかも。。。)
2012_0915_1_32.jpg

食後、部屋に戻り翌日の行動をどうしようか悩んでいました。
足の調子もよくないし、テントを張るとしたら双六だろうけど最終日の一気の下りが気になるし、
日程的に、2時間かけてわざわざ重い装備を担いでテントを張っても残りの時間も少ないし…。

ということで、10Lのサブザックに必要なものだけを詰め、残りの荷物は小屋に置いといてもらい、
無理せず行ける所までのんびり山歩きを楽しむことにしました。
夕方までにココに戻ってきて、素泊まりで食糧を減らす作戦ですw (段平さんレポを参考

こうして、テン泊装備は完全にボッカのおもりとなってしまいました。

◆標高
新穂高温泉 約1,000m
鏡平 約2,300m
標高差 約1,300m


つづく


撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5USM
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM

関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 13:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

それも是です。

COOPERさん、こんにちは。

到着していきなりの高額駐車場でテンション下がりますね(汗。
テントを担ぎ、その上に重いカメラ機材ですから、
大岩ゴロゴロの登りや、急坂はかなり堪えるだろうと思います。

計画通りに行かなくても、山を楽しめて、
好きな写真が撮れたら満足ですよね。

鏡池の前での休憩風景、和みます。
僕もそんな時間をゆるりと過ごしたいとも思います。

下から二枚目と三枚目、山肌が秋色に変わり始める雰囲気と
かかった雲が幻想的で、こんな写真が好きです。

チラ見えの槍にも感動を分けてもらえました。

| ke-n | 2012/09/22 15:36 | URL |

昨年の私と同じです、気持ちは痛いほどわかります。
次の日荷物が軽くなって快適に双六岳登頂した事でしょう。

続きが楽しみです。。

| 段平 | 2012/09/22 16:15 | URL |

Re: それも是です。

ke-nさん

こんにちは。
高天原の準備でお忙しいところコメントありがとうございます!

こんなに高い駐車場は初めてです。
今度はちゃんと調べていきますが、当分新穂高に来る気がしなくなりました(涙

そうなんですよね、テント装備一式とカメラ機材を分かってる重量を足すだけで8~9kgの間ですから、
これがなかったら10kgちょいで余裕なのに…って毎回思うんですが…。
そして、僕の生命線ともいえるひんやりタオルを忘れたのが始まりです。
熱中症にはめっきり弱いので、秩父沢に着いた時にはすでにボーっときてました。
こうなると身体の至るところがくるいだすんです。

計画はあまり綿密にしないので、何かしら現地で調整するのが好きなのですが、
だいたい、写真を楽しめるような決断をしてますねw
今回もレベルなりに楽しめたので結果オーライだと思っています。

鏡池はゆっくり寝転んだりしたくなりましたねw
逆さ槍は、天候と時間帯の都合で、今回あまり縁がなかったですが。。。
小屋に凄い大判写真が貼られてたので、それを見てもう十分と思いました(笑)

下から二枚目と三枚目、ありがとうございます。
次の日には少し濃い色になってましたので、ちょうど秋色に変わり始めた時だと思います。
逆さ槍より、僕もこういう景色の方が惹かれます。

チラ見えの槍…さすが雲との相性は抜群ですよねw

高天原お気をつけて。

| COOPER | 2012/09/22 16:36 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん

こんにちは。
段平さんの場合は双六まで行かれたから凄いです。
次の日に双六まで歩いてみて、なんやこのくらいなら頑張れたやんと正直思いましたが、
道を知らなかったあの状況では踏み出せませんでした。弓折乗越までは等高線も狭かったし…。

次の日は、おっしゃるとおりゆっくり写真を撮りながら歩きましたが、楽にCTを上回りましたw
そして嘘みたいにごぼう抜きでした(笑)
(他のみなさんは小屋泊まり用ザックだったので)

| COOPER | 2012/09/22 16:46 | URL |

こんにちは。

新規投入のセイシェル、調子良さそうですね~。
飲料水確保が不明な場合は必須なアイテムですね!
北アなどの水は大丈夫なんでしょうけど、低山ロングトレイルなんかでその辺の水を使う場合は目に見える不純物?(落ち葉とか?笑)は予め別の物でろ過してから使った方がいいんですよね~。(って当たり前か。笑)
もっとも、泥水とか落ち葉(の破片)を含んだ水って飲用に勇気いりますけど・・・(汗

| anz | 2012/10/02 12:42 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

anzさん

こんばんは。
セイシェル、めっちゃイイ感じですよ!
水切れの心配はほとんどなくなりました。
川は色んな微生物がいてるらしいので、北アや水の綺麗な台高の沢なんかでも
そのままは避けたいところですね。
山をやってると水の大切さがほんとに分かりますねw

| COOPER | 2012/10/02 22:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/166-11153201

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT