yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

金剛山 第18回(26) ~丸滝谷~

2012年6月23日(土)
丸滝谷~太尾西尾根

2012_0623_2_83_20120628231646.jpg

魅惑の谷、金剛山の秘境を行く…


6月23日(土)
スポーツ公園を後にし、金剛山へ向かいました。
今日は、以前から行ってみたいと思っていた丸滝谷ルートです。

ここは危険だと聞いたり、全然そうでもないと聞いたり…。
まあ、妙見谷と同じくらいかな、なんて勝手な想像をしていましたが、
最近のゆるゆるコースとは全然違うハズなので、気を引き締めていきます。

今回も段平さんのレポで予習はバッチリ!
レポでUPされている関西ハイキング2008の記事では、
「滝、滝、滝のフォール・パラダイス 金剛山の秘境、丸滝谷を歩く」
なんて紹介されてます。
そんなの見たら行くしかないですね。。。

さて、水越トイレに着いたのが10時40分くらい。
写真でも撮りながらゆっくり登れば、ちょうど焼け時に棚田へ寄れる!
なんて計算をしつつ、のんびり登山開始です。

水越トイレのすぐ先の橋を渡り、まずは林道を歩いていきます。
2012_0623_2_1.jpg

15分ほどで大堰堤に到着。僕の背後の斜面の上には餌場?のようなものがあり
ハシゴが設置されていました。 (対岸(写真右上)と同じハシゴ)
2012_0623_2_2.jpg

大堰堤の少し先で左に折れ、山へ入っていきます。
水越側の雰囲気満開です。大阪側とはちょっと雰囲気が違います。
2012_0623_2_3.jpg

2012_0623_2_4.jpg

ここの沢は水量が多いですね。ちょっとした流れにも目を奪われます。
2012_0623_2_5.jpg

2012_0623_2_6.jpg

さあ、いよいよここから沢ルートです。
今日は初めてのルートなので、地形図で現在地を確認しながら進んでいきます。
2012_0623_2_7.jpg

すぐに秘境感漂う風景が現れました。自然と足が止まります。
ここからは三脚を出したり仕舞ったりの連続…。
2012_0623_2_9.jpg

2012_0623_2_8.jpg

白の額紫陽花もいい。
2012_0623_2_10.jpg

手持ち
2012_0623_2_11.jpg

急に沢が広くなり、木漏れ日の射す雰囲気のいいところ。
沢の涼と相まってとても気持ちいい。
2012_0623_2_67.jpg

2012_0623_2_13.jpg

次の2枚は手持ち。ここはきちんと立てて撮るべきだった…。
2012_0623_2_14.jpg

2012_0623_2_15.jpg

東谷との分岐。今後のためのチェック。
火の用心って、ほんとに火事が起こるのか、それとも危険ルートってことかな?
2012_0623_2_16.jpg

分岐の右の沢。看板が壊れてます。
2012_0623_2_17.jpg

2012_0623_2_18.jpg

全体的に谷幅が広めで快適。
こういうのも秘境感を演出しているんだろうなぁ・・・。
2012_0623_2_20.jpg

2012_0623_2_21.jpg

ここは左の滝を超えて行きます。
2012_0623_2_22.jpg

2012_0623_2_73.jpg


ここを撮影中、左足が浸水してきました。
ゴアテックスを過信しすぎて水の中に足を入れっぱなしにしてたからです。
左足はこの後下山するまで終始気持ち悪い状態でした。
さすがのフラッドラッシュスキンメッシュも歯が立ちません。

そして、ちょっと時間が気になり始めました。
すでに14時を回っています。
三脚を立てたり仕舞ったりで、撮影に時間を掛け過ぎました。
分かっているのに、滝や気持ちいい場所が続くとなかなか三脚を諦めきれないんです。

ここから山頂までおよそ2時間、少しピッチを上げます。


大きい岩壁が印象的。
2012_0623_2_26.jpg

2012_0623_2_27.jpg

2012_0623_2_29.jpg

この区間は三脚を立てるのに迷いはありませんでした。
時間がないと、逆に決断が早くなったりします。
この区間をUPした写真はこれだけですが、実際はさっきの場所からここまでの間に
かなり撮影してます。
ですがもう本当にタイムリミットです。
ゆっくり撮ってる時間はありません。
ここからは手持ちに切り替えます。 ←まだ撮る気


この滝は左から登ります。
2012_0623_2_30.jpg

これも左。
2012_0623_2_31.jpg

ココは右。
滝が連続して、まさしくフォールパラダイス!
次来た時は、さっきのところから三脚立てよう。
2012_0623_2_32.jpg

金剛山の他の谷ではあんまり見ないような、こういうナメっぽいところもあります。
登山靴でギリギリ登れる感じかな。何回かはズルっといきましたが・・・。
2012_0623_2_62.jpg

2012_0623_2_33.jpg

また滝。水量がなかなか減らない。
2012_0623_2_63.jpg

ナメっぽいところ。
この写真、下りに見えてしまってますが、登りです。
2012_0623_2_34.jpg

この岩を超えます。ここはちょっと怖かった。
2012_0623_2_35.jpg

2012_0623_2_36.jpg

でっかい石やった。でも、でっかく見えない。。。
2012_0623_2_37.jpg

下の丸滝を発見。
一瞬通り過ぎそうになったその瞬間、「ん…」って左の視線に広い空間が飛び込んできました。
ルートから逸れて左に入った小路の奥にありました。

段平さんは別のレポでこの滝を超えられていましたが、今日は通常ルートでいきます。
2012_0623_2_38.jpg

2012_0623_2_39.jpg

ようやく丸滝。
写真からは切れてますが、この右側にロープがあります。普通は使わなければ登れません。
経験豊富な凄い方なら余裕で登れるかもしれませんが…。
2012_0623_2_40.jpg

丸滝のロープは汚れまくってて、手やカメラバックがドロドロに…。
でもロープはありがたいので仕方ないです。この地点から、沢の水がなくなりました。
2012_0623_2_41.jpg

蟻地獄。そこそこ体力を使いました。
ロープなしでも引っ掛かってくれましたが、安全の為にロープで登ります。
2012_0623_2_42.jpg

登りきったところから振り返った一枚。急坂が表現できてない…。
2012_0623_2_43.jpg

中尾の背?に合流。
2012_0623_2_44.jpg

ほどなく六道の辻。
2012_0623_2_45.jpg

久しぶり、大日岳。
2012_0623_2_46.jpg

ようやく山頂、4時半回ってます!実に5時間半!
2012_0623_2_47.jpg

今日も17℃ですが、蒸し暑い…。
沢はめちゃくちゃ涼しかった!
2012_0623_2_48.jpg

思わず自販機のSANGARIA「ナタデココ」を購入。
僕だけでしょうか、登山で疲れた後に乳酸飲料、特に炭酸のカルピスソーダなんかを飲みたくなるのは…。
今日は時間がないので昼食はなし。行動食のお菓子を1~2個とアミノバイタルを口に入れて終了。
2012_0623_2_49.jpg
※缶はもちろん持ち帰りました。

棚田が気になるのでそそくさと山頂から退散。
2012_0623_2_50.jpg

2012_0623_2_51.jpg

六道の辻、再び。
2012_0623_2_52.jpg

グングン進んで、太尾塞跡。
2012_0623_2_53.jpg

右へ行けばガンドガコバ林道。
2012_0623_2_54.jpg

左の太尾コースへ。
2012_0623_2_55.jpg

15分くらいで西尾根との分岐。
右が東尾根で、左が西尾根へ。
今日は西尾根で下り、登りの時に歩いた林道に合流します。
2012_0623_2_56.jpg

ほんまに火の用心の注意喚起なんですね。
2012_0623_2_57.jpg

20分掛からず太尾西尾根登山口。
山頂から1時間で下ってきました。(CTは1時間40分)
ぶっちゃけ走りました。。。
2012_0623_2_58.jpg

2012_0623_2_59.jpg

急いで登山靴を履き換え、スポーツ公園へ向かいます。
しかし、向かってる途中で焼けないのは分かってました。
それでも一応向かいます。


夜に入る直前の雰囲気が幻想的。
望遠でいつもの棚田をチェックしましたが、今日はほんの数名しか居ませんでした。
公園の中で、ペガちゃんさんと会いました!
焼けないのでお先に帰られるところでした。

こうやって見ると、結構広い棚田に見えるかも。
2012_0623_2_60.jpg

全く焼けず、帰路につきました。
2012_0623_2_61.jpg


丸滝谷はさすがにファンが多いだけあって、素晴らしい谷でした。
本当に、滝、滝、滝の連続で、カメラマンは休む間がないといった感じです。

ガッツリな沢屋さんや滝屋さんには物足りないかもしれないけど、
金剛山の秘境と呼ばれるのに相応しい姿を見られて、僕は一発で好きになりました。
時間帯や季節を変えて、早朝からゆっくり撮影で来たいと思います。

道は、テープが少なめですが要所には確実に貼ってくれてますので、
たぶん迷う事はないと思います。

靴はモンベルのテナヤブーツ(Boaシステム!)で何とか行けました。
が、何度か滑ってしまう箇所もありましたので、沢に適した靴が本当はいいと思います。
僕は地下足袋で歩いてみたいなぁとちょっと思いましたw

また、この沢筋には他にも面白そうな谷があるので、機会をみて来たいと思います。
今回はすごく時間が掛かったけど、大満足の沢歩きでした。



撮影機材
CANON EOS 7D
SIGMA 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM

※10-22は別のザックに入れてました…。(車の中)

関連記事
スポンサーサイト

| 金剛山 | 00:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

原生林と沢、小滝の連発、
好きな感じのお写真が続き、
これはぜひとも行かせてもらわねばならないコースだと感じました。

三脚で写真を撮りながらだと、通常の2倍ぐらいの時間がかかってしますね。
しかし水の流れと緑が綺麗で、三脚を出したくなる気持ちは
よくわかります。

この季節は涼しい沢筋の登りが良いですね。
登山靴でナメを歩くのは少し怖いですが(笑。

| ke-n | 2012/06/29 08:48 | URL |

流石に写真が綺麗ですね、私も丸滝は大好きです。
本格的な沢は無理ですが、ここは楽しく登れますねぇ。

下山の西太尾根の一時間にはビックリです。
結構長い距離だったと思いますが、トレランですね。。

| 段平 | 2012/06/29 15:40 | URL |

 もし金剛山に登るコースを選べと言われたら、
このコースを選びたいです。写真を撮る場所が
多くて、登るのに時間がかかるのも理解できます。

| Ace | 2012/06/29 20:45 | URL |

ke-nさん

こんばんは。
原生林と小滝の連続はke-nさんの大好物だと思いますw
靴が沢用ならそれほど危険個所はないと思いますので是非。

三脚使うとやっぱり2倍以上は掛かりますね。
でも手持ちだと1/8くらいが限界だし…。(手ぶれ補正3段かけて)

沢は涼しくて夏を忘れられますね(笑)

| COOPER | 2012/06/29 23:20 | URL |

段平さん

写真、ありがとうございます!
丸滝いいですね、すごく気に入りました!
今回も参考にさせて頂きありがとうございました。

下山は地図で最短を探したらココかなと思い、西尾根にしました。
最初は早歩き程度でしたが、西尾根分岐から少し歩き易い
ところが続く区間だけ、いけそうだったので走りました。
トレランの方って本当にすごいなぁと思いましたw

| COOPER | 2012/06/29 23:37 | URL |

Aceさん

このコースいいでしょ!
そう思って頂いて嬉しいです。

山頂行かなくても十分じゃないかなとふと思ってしまいましたが、
ヤマ屋の血が…w

| COOPER | 2012/06/29 23:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/132-9b4ac6d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT