yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

雪山装備

2012_0511_22.jpg

僕が使ってる雪山装備をご紹介します。ほとんどモンベルです…。(笑)


UNDER WEAR
2012_0511_13.jpg
finetrack/フラッドラッシュ スキンメッシュソックス
スマートウール/トレッキングヘビークルー
ユニクロ/シルキードライ ボクサーブリーフ
mont・bell/ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ
ワコール/CW-X エキスパート (下)
mont・bell/スーパーメリノウールM.W.タイツ (上)

※フラッドラッシュは売り文句通り、本当に蒸れにくく足が快適になりました。
 CW-Xは効いてるのか効いてないのかよく分かりませんが、ない時よりもある時の方が足を動かす
 動作が楽なのは確かです。
※ジオラインシリーズ、スーパーメリノウールシリーズは速乾と温めの両立が凄いです。
 着れば凄さが分かります。


◆BASE LAYER
2012_0511_2.jpg
mont・bell/クラッグジャケット
mont・bell/サウスリムパンツ
mont・bell/クールハーフスリーブジップシャツ (※)
常念小屋ロングTシャツ (※)
(※)その時々で、どちらか一方もしくは両方着用します。

※常念小屋ロングTシャツは化繊ですが、モンベル製品に比べて汗を逃がしにくいので
 結構汗が溜まります。クラッグジャケットは耐風性が高いので使用頻度は大です。


◆MIDDLE LAYER
2012_0511_19.jpg
mont・bell/ライトアルパインダウンパーカ

※登山中に着ることはほとんどありません。実質、クラッグジャケットがMIDDLE LAYERに
 なるかもしれません。このダウンは300gありますがインナーにもアウターにもなるので、
 登山の休憩時や写真撮影の時にも大変重宝してます。


◆OUTER LAYER
2012_0511_8.jpg
mont・bell/アルパインサーマシェルジャケット
mont・bell/インシュレーテッド アルパインパンツ

※レインウェアとは機能が全然違いました。(当たり前か)
 少し重いですが、安心感が違います。 


◆THERMAL GEAR
2012_0511_9.jpg
OR/ストームトラッカーグローブ [適温-9~+2℃]

※7Dの操作が普通にできます。
 あくまで僕個人の意見ですが、今のところカメラの操作にストレスはありません。

2012_0511_12.jpg
BlackDiamond/グリセード [適温-17~-1℃]
mont・bell/ストレッチ クリマプラス200 ネックゲーター
私服のニット帽

※7Dの操作は何とか出来るレベルです。
※標高やその時の寒さで、ストームトラッカーグローブと使い分けています。


◆Boots
2012_0511_14.jpg
SCARPA/トリオレプロ GT-X
mont・bell/GORE-TEX ロングスパッツ
Black Diamond/セラッククリップ (12本爪)

※この靴は、足の甲あたりを押さえて足が靴の中で動くのを抑制することを狙った作りに
 なっている為、それほど幅広ではないのに抜群の履き心地です。
 日本人の足によく合う、と好日山荘の店員さんは言ってました。
 また、前足とすね部のひもの締め力をそれぞれ分けて設定出来るように中間に留め具が
 ついているのもGOODです。フィッティングがすごくいいので大変気に入っています。
 Superfeet(トリムフィットグリーン)を敷いています。


◆TENT
2012_0511_17.jpg
mont・bell/クロノスドーム2型&専用グランドシート

※3シーズン用テントです。(笑)
 ペグやポールを含めて2.45kgあります。次に買う時は1kgほど軽いテントをチョイスしたいです。

2012_0511_16.jpg
ダイソー/レジャーアルミマット(t≒3 2,000×900くらい?)
mont・bell/U.L.コンフォートシステムパッド150 キャンプ
mont・bell/コンパクトパッド
mont・bell/スーパースパイラルダウンハガー#3 (使用可能限界温度-10℃)

※だいたいこの装備で-5~-10℃くらいは経験しましたが、いまのところ問題はありません。
 寒さもそれほど感じずに快眠できます。←レジャーアルミマットは必須です。
 アルミ面を下に向けて底からの冷気を遮断しています。もう一枚反対向けにして重ねたら
 最強だと思います。


◆ICE AX
2012_0511_21.jpg
Black Diamond/レイブンwithグリップ
MountainDAX/ピッケルバンド・ショルダー(赤)

※今のレベルの雪山では問題なく、非常に使いやすいです。


◆BACKPACK
2012_0511_24.jpg
mont・bell/アルパインパック60

※60Lにしては軽めのザックです(1.65kg)。背負い心地はモンベル独特のフィット感で気に入っています。
 モンベルのザックは昔風なガッチリ包まれる感じで、普段使ってるオスプレー ケストレル28のソフトな包み具合
 とは全然違います。どちらも好みなんですが、この容量ならモンベルのがっちり感の方が、担いで歩いている時に
 シックリきて好きです。


◆COOKER
2012_0511_25.jpg
JETBOIL/JETBOIL PCS FLASH (※)
JETBOIL/1.5Lクッキングポット (※)
PRIMUS/ガス110g
SnowPeak/チタントレックコンボ (※)
SnowPeak/チタンシングルマグ300ml フォールディングハンドル
SnowPeak/チタンカトラリーFS(スプーン・フォーク)
携帯箸 (写真のお箸です。好日山荘で購入)
THERMOS/山専ボトル800ml
(※)いずれか、もしくは組み合わせて持って行きます。

※1.5Lポットは色々使えますので、結構役に立ちます。
 トレックコンボの蓋は、軽く炒めたり取り皿として使っています。
 トレックコンボの水をJETBOILで沸かすと、火力が弱く沸くのが遅いので、
 普通のストーブを現在物色中です。(ベタにP153あたり)


さて、これらの山ギアにいくら注ぎ込んだことか…。
当たり前ですが、「道具がなければ出来ないこと」をやりたい!と思ったら揃えるしかありません。
最近は、「長く楽しめるから」という理由で割り切っています。(笑)

次はどんなギアが我が家の一員になるか楽しみです。


<おまけ>

先日の立山からの帰りのこと。
美女平から立山行きのケーブルカーに乗る直前、一人のおじさんが僕を見てこう言いました。

おじさん「上から下までモンベルだから関西の人だろうと思ったよ(笑)」
僕「・・・そうなんですか。」

確かに今回のリストを見ると、上から下までmont・bellですけど、
それがもしfinetrackだったら、果たして関西人と思われたでしょうか。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

| gear | 19:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うーん、やっぱりお金かかりそうですね。でもやるならしっかり揃えておかないと、特に冬の登山では命取りになりそうですね。

*昨日はお見舞いありがとうございました。

| Ace | 2012/05/13 11:32 | URL |

Ace様

3シーズンだけならカメラより全然お金掛かりませんよ。(笑)
ザック、ブーツ、レインウェア、化繊のウェア(できれば登山用)が
あれば長く遊べます。治ったら是非行きましょう!

元気そうでよかったです。

| COOPER | 2012/05/13 15:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/115-a9d701a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT