yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

立山 ~残雪期~

2012年5月4日(金)~2012年5月6日(日)
雷鳥沢キャンプ場~雄山ピストン

2012_0504_58.jpg

GWに立山へ行ってきました。


今年は、「残雪期に3,000m級の雪山に登る」 というのを目標の一つとしていました。
初心者の場合、立山、八ヶ岳(硫黄岳)、燕岳など色々あると思いますが、
比較的アクセスが便利で温泉もある立山にしました。

それに合わせて、昨年からギアを揃え、近場で雪山に慣れるなど準備を進め、
GWの後半に休みを取れたので、実行することにしました。

後半の富山の天気は、唯一5日だけAMに晴れマークがあったので、狙いは5日AMのアタックです。
4日に雷鳥沢キャンプ場で前泊し、5日に登頂、6日は早々に帰宅する予定としました。

ボリュームが中途半端なので、以下、一気にUPします。


[DAY1]

雷鳥沢テン場へ向かう途中、雷鳥に会いました!初めてです。
2012_0504_1.jpg

マムートプロジェクトみたい。
2012_0504_2.jpg

雷鳥沢テン場にて、本日の我が家。いつもどおりクロノスドーム2。
2012_0504_3.jpg

このとおりガスガスです。風と雨です。
2012_0504_4.jpg

雷鳥沢ヒュッテ。
2012_0504_5.jpg

うどんとぜんざい(嫁)。
2012_0504_6.jpg

2012_0504_7.jpg

2012_0504_8.jpg
※ヒュッテ内は撮影許可を頂いています。


テントがいっぱい、ですが風と雨です。
2012_0504_9.jpg

雪が積もってきてます。この時点はまだ余裕でした。
2012_0504_10.jpg

もちろん積んできました。(笑)
2012_0504_11.jpg

寒い日はおでんに限るっ!
2012_0504_12.jpg

テント内の気温は0℃ほどだったので、それほど寒くはありませんでしたが、
テントを叩く風雪が、僕の睡眠を幾度となく妨げました。
そして、寝たり起きたりを何度か繰り返していると、いつの間にか朝になっていました。



[DAY2]
朝食のパンを食べて、外へ出るとテントが雪で埋まっていました。
夜中、起きた時に中からテントを蹴って雪を落としていたのですが、
そんなので間に合うわけもなく。。。
昨日の結露もこれをみたら当たり前です。(笑)
雪かきをしてから張綱を張り直し、準備をして雄山へ向かいました。

雪に埋まったクロノスドーム2。
2012_0504_13.jpg

出発前に、70-300レンズで遊ぶ。
2012_0504_14.jpg

2012_0504_15.jpg

2012_0504_16.jpg

2012_0504_17.jpg

2012_0504_18.jpg

レンズを10-22に切り替え、さあ出発です。
2012_0504_19.jpg

8時5分、雷鳥沢からまずは一ノ越を目指します。
2012_0504_20.jpg

2012_0504_21.jpg

ゆっくりと確実に登っていきます。嫁さんもちょっとしんどそう。
2012_0504_22.jpg

ツアーか講習か何かの団体さん。これもマムプロ(勝手に省略)みたい。
2012_0504_23.jpg

マムプロを撮影中、青空が出てきました。
2012_0504_24.jpg

2012_0504_25.jpg

室堂ターミナルからのルートとの合流地点。最高の青空です。
2012_0504_26.jpg

2012_0504_27.jpg

2012_0504_28.jpg

2012_0504_29.jpg

あともうちょい。
2012_0504_30.jpg

10時10分。一ノ越に到着。
登り始めて2時間くらいなので夏よりもちょっと遅いくらい。
2時間半くらい掛かったように感じたほど長かった。
スキーヤー・ボーダーたちは雄山ではなく登ってきたのと反対側の斜面を滑ってました。
10分ほど休憩し、ブーツを締め直して雄山へ出発です。
2012_0504_31.jpg

結構急な斜面ですが、この辺りは一歩一歩確実に登れば大丈夫です。
嫁さんもピッケルの使い方を覚えた様子。
2012_0504_32.jpg

2012_0504_33.jpg

下ってきたおばさんが「ラク」を起こして嫁さんをカスリ、僕のとこに来ました。
幸い小さい(と言っても標準ズーム1本くらいの)石だったので、
気合いで(両手で)受け止めました。
あのまま避けたら、すぐ下の人のところに届く頃には相当な威力になっていたでしょう。
お願いだから、軽い行動で「ラク」だけは絶対にさせないでくださいね…。
2012_0504_34.jpg

2012_0504_35.jpg

よく見る風景だけど、よく見る風景のように近寄って撮れない。
普通に撮ってるように見えますけど、ほとんどの写真が台風並みの暴風に耐えてる最中に撮影してます。。。
山頂直下の祠がある少し鞍っぽくなってるところより上部は、
更に暴風レベルがUPしたので撮影は不可でした…。
2012_0504_36.jpg

そして11時20分、山頂に到着しました。
2012_0504_37.jpg

お互い登頂を称え合う登山者たち。熱い友情を感じます。
2012_0504_38.jpg

2012_0504_39.jpg

上の写真、右から2番目の方に撮ってもらいました。
5DⅡ+24-105Lを携えてました。お返しに撮って差し上げましたが、
5DⅡ+24-105Lのフィーリングは抜群で、ちょっとヤバイ感じ。。。
2012_0504_40.jpg

2012_0504_41.jpg

2012_0504_42.jpg

鳥居もここまで埋まってます。だいぶ溶けた方でしょうか。
2012_0504_43.jpg

この時ばかりは700円は不要です。(笑)
2012_0504_44.jpg

2012_0504_45.jpg

2012_0504_46.jpg

ここまでよく付いてきたなと思う。実はポテンシャル高い?
様になってるし。
2012_0504_47.jpg

雲ノ平方面?
2012_0504_48.jpg

12時30分。一ノ越に到着。ボーダーたちが楽しそう。
2012_0504_50.jpg

2012_0504_53.jpg

2012_0504_54.jpg

2012_0504_55.jpg

2012_0504_56.jpg

2012_0504_57.jpg

13時40分、テン場へ帰着。
雪がグズグズで重かった割には早く戻ってこれました。
2012_0504_59.jpg

この後、雷鳥沢ヒュッテで温泉後、立山ソフトを食べテントへ戻りました。
この日の夜、頭が少し痛くてしんどかったんですが、風邪薬を飲んだらあっさり治りました。
一瞬高山病ではないかと焦りました。。。
そして、夜通し風が強く、時折雷も鳴りました。
周期的なのか、強い風のあとは静まってまた強くなる、といったサイクルがあるみたいです。
この日も寝たり起きたりの繰り返しとなりました。



[DAY3]
最終日は何事もなく帰るつもりでしたが、そうはいきませんでした。
この3日間で最も強いレベルで吹雪き(あられも)、歩くことすら困難な時もありました。
たぶん台風以外では体感したことのない強さです。
他の人も、立ち止まって風を受け止めるタイミングは同じでした。(笑)

7時40分、撤収完了。
2012_0504_60.jpg

2012_0504_62.jpg

1時間ほどで何とかターミナルへ到着。
ターミナル内の立ち食いそば屋で立山ポークそばを注文。
もの凄く温まりました。
2012_0504_61.jpg

この後、9時40分の臨時便にて美女平へ行き、ケーブルカーで立山駅へ。

今回は、見事に5日の晴れが当たり、登頂することができました。
ガスは抜けませんでしたが、登頂した時は最高の気分でした。
ひとたび天候が荒れると極めて困難になることも実感でき、
今後の山行にも活きてくるものと思いますが、

やはり、3,000m級の雪山は楽しいけど「恐るべし!」でした。

来年は、さらなるレベルアップを図りたいと思います。
遠征続きなので、当分は近場の山に登ります。



撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5USM
SIGMA 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)

関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 00:18 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、お疲れ様でした。

春とはいえ、やはりアルプスは恐るべしですね。
各地で遭難も多発してしまったようですが、
ご無事での登頂、何よりでした。

立山ポークそば、僕も昨秋に食べました。
めっちゃ温まり感が美味しさにつながりますね。

ガスが晴れて青空が出たアルプスの光景、
白と青と登山者が織りなす世界感、
聳えたつ雪峰、
何枚見ても、たまりませんねぇ。

| ke-n | 2012/05/07 09:22 | URL | ≫ EDIT

記事を読み写真をながめ、凄いな~羨ましいな~。

この時期でも3000m級の山は凄いですね。

雪山装備バッチリですね。山頂の写真良いですね~。。

| 段平 | 2012/05/07 10:20 | URL |

写真、楽しませてもらいました。
荒天の中頑張りましたね~
それにしても結構な人数の人が登っているもんですね、ビックリです。

| office-tt | 2012/05/07 21:35 | URL |

ke-n様

遭難のニュース見ましたが、特に白馬三国境の件は去年歩いているので驚いています。
爺ヶ岳の件はヒマラヤ経験者のようですし本当にアルプスは恐るべしです。
僕は5日AMだけを狙うしかない初心者で良かったです。

立山ポークそばは実は山菜が美味しかったです。(笑)

白に青…もうこれ以外ないですよね。
そして雪のアルプスは何から何までスケールが違いました。
今写真を見ていても自分がそこに居たのが信じられないくらいですが、
これを知ってしまった以上、たぶんまた行きたくなるんでしょうね。

| COOPER | 2012/05/07 21:41 | URL |

段平様

さすがアルプス!ですよね。
4日と5日の夜中は、もの凄い風雪でテントが本当に心配でした。
飛ばされたらヤバかったです。

冬山装備はなかなかいいお値段でした。
僕はモンベラーなんでまだましですけど、
マムートファンの方たちは悲鳴を上げてると思います。(笑)
もし段平さんが同じ装備を持っておられたらどの雪山に行かれるかな…
なんて勝手に想像してました。

| COOPER | 2012/05/07 21:58 | URL |

清水様

写真…今回は登頂に的を絞ったので画的にちょっと真剣味に欠けていたかもしれません。
余裕もあまりなかったですし、三脚も持って行きましたが使わずでしたし。
ちょっと反省してます。

GWの立山は人気がありますね。
BCスキーヤー&ボーダー対登山者の比率は7:3くらいでした。
スキーヤーが圧倒的に多かったです。
「なんだ登山か」みたいな感じでちょっと肩身が狭かったです。
↑そんなことはないでしょうけど(笑)

僕のレベルでは5日AM狙いが精一杯でした。
荒れるとどうなるかを身をもって知ることが出来た記憶に残るいい山行でした。

| COOPER | 2012/05/07 22:17 | URL |

素晴らしい景色でしたね。
僕は天候不順で諦めてしまったけれど来年はこのルートも狙ってみようかな...

望遠で撮る山も素敵ですね。

| kurosawa | 2012/05/08 23:56 | URL |

kurosawa様

晴れの景色は最高でした。
きっちり予報通り5日の9時~14時くらいまででしたけど。(笑)
立山はまったり楽しめるのでお薦めです。

望遠で切り取るのは難しいですが、面白いですね。
ありがとうございます!

| COOPER | 2012/05/09 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/113-89543909

TRACKBACK

まとめtyaiました【立山 ~残雪期~】

2012年5月4日(金)~2012年5月6日(日)雷鳥沢キャンプ場~雄山ピストンGWに立山へ行ってきました。

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/07 11:03 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT