yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

下赤坂の棚田

2011年1月22日(日)

IMG_3830_2012_0122_Shimoakasaka3.jpg
CanonEOS7D EF-S10-22mmF3.5-4.5USM 22.0mm F13 1/250秒 ISO800 絞り優先AE 17:10

冬の夕暮れ in 棚田…

>> Read More

スポンサーサイト

| photo | 00:15 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

金剛山 第10回(18) ~細尾谷~

2012年1月22日(日)
細尾谷ピストン

IMG_3804_2012_0122.jpg

気分は上々…

>> Read More

| 金剛山 | 23:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

Hopeful journey

1月20日(金)
金剛山 ロープウェイ

IMG_3340_2012_0120.jpg

KONGOZAN DE YU-KI ASOBI…

>> Read More

| 金剛山 | 23:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

空飛ぶ山岳救助隊

IMG_3071_gear_book.jpg
山を愛し、山岳救助に命を懸けた男「篠原秋彦」氏の生涯を描く。当時、全く行われていなかったヘリコプターでの山岳救助。物資輸送の傍らで救助活動を始め、長年懸けて確固たる地位に築き上げた山岳救助の第一人者。救助件数はおよそ1,700件、救助した人の数は2,000人にも及ぶ。篠原氏の熱い思いと厳格な中にも優しさ溢れる人柄に読み進めるほどに惹き込まれていく。著者は、「ドキュメント遭難」シリーズでお馴染み、山岳遭難ルポの先駆者、羽根田治氏。山の考え方が変わる一冊。ヤマケイ文庫より。

| book | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

Black Diamond -Spot-

IMG_3001_gear_book.jpg

先日冬山ギアを購入した時にヘッデンを新調しました。これまで使っていたGentos「リゲルヘッドライトGTR-731H」は照射距離が短かったのと、電池の減りが圧倒的に早いのに不満がありました。今回はBlack Diamondの定番モデル「スポット」をゲット。仕様は以下のとおり。

【Spec】
■ダブルパワーLED×1
 ・MAX:75ルーメン/照射距離70m/電池寿命50Hr
 ・MIN:4ルーメン/照射距離8m/電池寿命200Hr

■シングルパワーLED×2
 ・MAX:16ルーメン/照射距離15m/電池寿命90Hr
 ・MIN:4ルーメン/照射距離5m/電池寿命250Hr

■シングルパワーレッドLED×2
 ・ストロボ機能付きナイトビジョン

・ディスタンス(遠接)/プロキシミティ(近接)/ナイトビジョンの3モード選択可
・ディミング(無段階照度調節)機能付き ※ナイトビジョンは不可
・ストロボ機能付き ※ナイトビジョンもOK
・ロックモード搭載
・3段階バッテリーパワーメーター搭載
・IPX-7(深さ1mの淡水に30分没しても影響を受けない)
・カラー全5色
・単四アルカリ×3個 ※エネループ可。エボルタ可(ちょっと消耗が早かったかも)
・90g(電池込み)
・4,095円

【所感】
先日の明神平で初投入しました。使用した感想です。
★ボタンはやや硬めですが、使ってるうちに位置も含めて慣れました。
★無段階調光機能は意外と便利。シングルパワーだと歩くには暗過ぎるし、ダブルパワーでは眩しすぎると
 いった場合に調光機能が役立ちました。操作方法も至って簡単。ボタンを押しっぱなすだけで調光(減光)
 出来るので直観的です。もう一度明るくするには、OFF⇒ON(近接)⇒OFF⇒ONする必要があります。
★肝心の明るさですが、ダブルパワーMAXで、明神平から前山方面へ登って1/3~半分くらいの地点から
 明神平のテン場まで光が届きました。光は細めなので照射幅は広くありませんが、テントから出てきた
 嫁さんをギリギリSPOT出来ました。Gentosと比べて照射距離が長くなったのを実感しましたが、近い
 距離だけでいいのであればGentosで十分です。ちなみにGentos GTR-731Hの後継機種931Hは、
 照射距離77mで結構明るそうです。電池も単3×1本でいいのですが、寿命が…。
★遠接と近接の切り替え(ダブルとシングルの切り替え)は、ライトON・OFFの度に切り替わる仕様になって
 いて、これは正直ちょっと面倒くさい。使っているうちに慣れたので大きな問題ではないけど、ほとんどが、
 ダブルパワーで調光して使うパターンばかりだったので、シングルパワーの使い道を探す必要があるかも??
 今の使い方だと、一旦OFFにした後の次のONでは、元の明るさで点いて欲しいかな。この要望はたぶん
 僕だけじゃないと思う。
★ナイトビジョンは目に優しい気がしたが…本は読めない。
★エネループもOK!
★電池寿命は、前に比べたら全然ましなので文句なし!夜間縦走も行けるかも??
★ストロボ機能は、夜景を撮影している自分の位置を嫁さんに教えるのに試しに使ってみただけ。あえてスト
 ロボする場面じゃないか。。。操作方法はボタンを連続3回押すとストロボモードに。それほど素早く押さな
 くても反応してくれた。
★重量90gもさほど重く感じなかった。100gを超えるとストレスになりそう。
★Gentosは頭のてっぺんにもう一本ベルトが付くタイプだったので安定感があったが、今回のタイプはそれが
 ないのでズレてこないか心配していたが、全く問題なかった。


何より明るく、電池切れの心配も減ったのでとても良かったです。
PETZLとかもよさそうだったけどどれも似たりよったりなので、普通に夜間の下山時に使うだけなら
好きなメーカーを選んでおけばいいと思いました。。。

これで、流行りの朝活撮影や早朝登山もこれから安心して楽しめます。
でもやっぱりちょっと高い買い物だったかな…。


IMG_2992_gear_book.jpg
点けてみるとこんな感じ。(ダブルパワーMAX)


| gear | 23:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

明神平

2011年12月31日(土)~2012年1月1日(日)
明神平~明神岳

2011_1231_0059.jpg

年越し雪中テン泊

>> Read More

| 台高山系・曽爾周辺 | 23:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |